16:38 2017年09月20日
東京+ 24°C
モスクワ+ 12°C
    南京にて、南京大虐殺の犠牲者のメモリアル

    歴史問題について日本に謝罪を求めるのは、人道主義か、それとも政治的圧力の手段か?

    © AFP 2017/ Str
    オピニオン
    短縮 URL
    アンドレイ イルヤシェンコ
    101316177

    米国のトランプ新大統領就任を受けて、世界の多くの国々の政治家や外交官は、まさに目の回るような忙しさだが、世界の状況が新しくなったとしても、古くからの問題はなくなったわけではない。日本のアパ・ホテルチェーンの客室に南京虐殺を否定する本が置かれている事、また韓国プサンの日本総領事館前に従軍慰安婦の悲劇を象徴する少女像が置かれた事、それらの古い問題は、今世論を熱くしている。

    慰安婦像が日韓を仲たがい
    © AFP 2017/ Jung Yeon-Je
    中国は、アパ・ホテルの問題に対し、厳しい反応を示すものと予想される。中国外務省の華春瑩報道官は「今回の出来事は、日本の一部勢力が歴史を正しく見つめることを絶えず欲していない事、そればかりか歴史を否定し歪めようとしていることを改めて確認するものだ」と指摘した。

    一方岸田外相は、日曜日、日本のあるTV番組に出演した中で、次のように述べた-「今問題になっている(APAホテルの客室本問題)のは民間企業の問題なので、政府が何を言うかはその立場を考えて発言しなければならない。一般論で言うと、日中関係は2000年の長い歴史がある。過去一時期の歴史に過度に焦点を当てるのは、歴史を捉えるのはいかがなものか。全体を捉え未来に向けてどうあるべきか。戦略的互恵関係に基づいて進めていく。これがあるべき姿ではないかとの基本をしっかり訴えていかなければならない。」

    そうした一方で、このスキャンダルは更なる展開を見せ、24日、中国の観光担当当局が、APAホテルの客室本問題を「中国人観光客に対する挑発行為だ」と呼び、中国の旅行会社に対し同ホテルの利用をボイコットするよう求めた事が明らかとなった。

    さて韓国プサンの日本領事館前の少女像設置問題だが、このイニシアチブに対し、日本政府は極めて厳しい対応を見せた。安倍首相は、ソウル駐在日本大使を一時帰国させ、かなり強硬な幾つかの声明を発表している。

    これに対し、現在韓国の大統領代行をつとめているファン・ギョアン(黄教安)首相は、記者会見で「基本的には民間の問題で政府の関与は難しい」と述べ「韓日関係の未来に向けて知恵を集めることが必要だ。さまざまなルートで協議している」と発言した。つまり別の言葉で言えば、誰も少女像を撤去するつもりはないという事だ。

    事実上、こうした民間のイニシアチブは、日本とその極東の隣国の間の関係に今回も危機をもたらした。あらゆることから判断して、日本の戦後史のページをめくり、慰安婦問題を終わらせようとする安倍首相の試みは、中国や韓国に対し、ほとんど影響を与えなかったと言える。

    ロシアはそもそも、いくつかの理由から、こうした対決状態に無関心ではいられない。プーチン大統領は2014年、中国訪問を前に、中国主要マスコミのインタビューに応じた際、次のように明言している-「実際我々は益々頻繁に、歴史の見直しや歪曲の試みにぶつかっている。4年前ロシアと中国は、第2次世界大戦終結65周年に関連し、共同声明を採択した。我々は、そこから導き出された結論の修正は受け入れられないという点で一致している。(そんなことをしたら)結果は、極めて危険なことになるだろう。」

    この共同声明の中でプーチン大統領は、言外に、日本との領土問題も含め、第二次世界大戦の歴史解釈を共に支持すべきだと訴えている。南クリル問題は、御存知の通り、露日平和条約締結の途上における主要な障害と一つである。

    一方、ロシア自体に対して、日本からのものも含めて、ソ連時代の過失を謝罪するよう求める声がある。例えば2013年、ドイツのガウク大統領は「もし共産主義後のロシア社会が、自ら犯した歴史的罪を分析し懺悔するならば、それは有益なものとなろう」と述べている。そうしたアプローチは理解できる。モスクワ・カーネギーセンターのドミトリイ・トレニン所長は、次のように書いている-

    「理想では西側は、第二次世界大戦終結後ドイツで生じたように、1991年以後、ロシアのアイデンティティが完全に交代することを望んだろう。その意味でロシアは、ソ連が行った犯罪に対し、今のドイツが現在に至るまでそうしなければならないように、絶えず懺悔すべきだった。ロシアには永久に、歴史的な罪の重荷が残るに違いない。それは、必要とあればどのような時もアクチュアルなものとなるだろう。」

    そうしたアプローチは、犠牲者の記憶に対する尊敬の念と共通する部分が少ない。それはアジアにおいても欧州においても同じだ。韓国や中国、そして日本あるいはロシアの民間組織には、歴史に対する自分達の意見や評価を持つ正当な権利がある。彼らは、自分達の民族の歴史的記憶を反映しているのだ。

    しかし。戦後和解の必然的方向性に反して、日本や、ロシアに対し、謝罪しろと執拗に求め、それが公式の外交政策の不可欠な要素になってしまうのは、また別の問題である。それは人道主義とは何の共通項もない。それは単に、政治的圧力の手段に過ぎず、その結果は、しばしば両国関係を悪化させてしまうだけだ。

    なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

    タグ
    韓国, 中国, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント