03:13 2021年06月18日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
5272
でフォローする

日本のバンドが海外でミリオンセラーになる…。というのはそもそも滅多に起こらない希少な現象であることは間違いない。

山下ニキータさんは、ソ連時代、国営レコード会社からゴールド・ディスクを出し、地方公演の回数も実に450回以上を数えたあの「ロイヤルナイツ」コーラス・グループの一人。当時のソ連で「ニキータ」を知らない人などもはや存在しなかった。

そんなニキータさんには今でもロシアに熱烈のファンがいて、若者世代からも愛されている。

今年の1月9日、東京新宿で開かれたニキータさんのライブコンサートをスプートニクが取材。年々渋みが増し、お声の魅了が深まるばかりのニキータさんはロシアで日本の歌を、そして日本でロシアの心を歌い続けている。

「僕なんかは、ロシアの歌しか歌わない、といっても過言ではないので、聞いていただける人がいる限り、ずっと歌い続けていきたいと思います。だから、若い人たちにもロシアの歌の良さを伝えたいな、という今の私の希望です。」こう語るニキータさんのお顔は人の心をつなぐ歌の力に輝いている。

ニキータさんより、日本の女性の皆さんへ3月8日のお祝いメッセージ-

「日本の皆様にはこの国際婦人デーに、世の中は激しく押し寄せてくる波にさらされている中でも、とくに希望が叶うこと、愛をまだ見つけていない方なら、きっと見つけて、幸せな一年を送ることを祈っております。そして、女性の皆様に更なるご活躍を期待しております」。

タグ
エンタメ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント