16:03 2017年08月18日
東京+ 28°C
モスクワ+ 22°C
    福島第一原発

    ロシア製中性子検出器は福島第一原発事故処理の救世主となりうる

    © AFP 2017/ POOL / Issei KATO
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    44688425

    先日ロシアのロスラオ(RosRAO)社(放射性廃棄物処理公社)イノベーション発展プロジェクトオフィスのリーダー、セルゲイ・フロリャ氏が、日本からロシアに帰国した。同オフィスは、日本で、小型中性子検出器開発プロジェクトについて紹介した。

    スプートニク日本

    ロスラオは、2段階にわたる国際公開入札の結果、福島第一原発事故処理プロジェクトへ参加することになった。スプートニク日本記者は、帰国したフロリャ氏に、話を聞くことができた。以下その内容を、皆さんにお伝えする。

    スプートニク:「プロジェクトはどのような目的でなされるのか?」

    フロリャ氏:「プロジェクトは、福島第一原発が直接必要とする機器製造のためのもので、その機器は、原子炉内の燃料の分類上の所属を決定できる能力を持つものとなる。事故後、原子炉の中に残っている燃料がどのように分布しているのか、現在誰にもはっきり分からない。しかしその活動が大変活発なことから、それらを見つける必要がある。まず第一に、それが今後の作業の継続を妨げないよう、除去しなければならない。ただ、燃料断片の放射能が高いため、原子炉内に入るためロボット機器を使う事はかなり難しい。」

    スプートニク:「作業は、どのくらいの速さで進んでいるのか? 日本でのプロジェクトの直接の発注元はどこなのか?」

    フロリャ氏:「小型中性子検出器製造の入札は、三菱総合研究所が資源エネルギー庁(ANRE)のために組織したもので、同庁もまた主要な発注元だ。入札は1月20日に発表され、我々は2月28日にすでに、直接のプレゼンテーションを持った。そして3月半ばに、結果発表がなされた。現時点では、プロジェクトの入札参加者すべてが、福島第一原発用中性子検出器のあらゆるコンセプトを徹底的に検査する第一段階のみを通過している。

    現在は、技術的経済的調査及び大量サンプルの準備がなされ、その後これらの性能調査が行われる。我々は、福島第一原発で使うため製造したいと思っている最終的な機器を絞り込んでいる。我々は、モデル(ひな形)を作った後、あらゆるテストをし、そのモデルを今年末までに日本側に示す。もし彼らがそれを気に入れば、我々は第二段階に進むことができる。そして中性子検出器の完全なシステムの製造に関する決定が下され、検出器はその後、福島で試験されることになるだろう。」

    日本がロシア企業ロスラオを、福島第一原発が抱えるアクチュアルな諸問題解決に向けた協力に引き込んだのは、何も今回が初めてではない。以前日本政府は、ロスラオを汚染水からトリチウムを除去する技術検証プロジェクト実施のため選んだ3つの外国企業のうちの一つに含めている。

    スプートニク:「現在、トリチウム除染プロジェクトは、どの段階にあるのか? 世界はまだ、放射性物質に含まれるトリチウムを処理するという、これほど大掛かりな問題に直面したことはなかったのではないか?

    フロリャ氏:「放射能に汚染された水からトリチウムを除いてきれいにする技術プロジェクトは、昨年終了した。しかし日本側はまだ、世界のどこにもない除染方法について、最終的決定を下していない。つまり問題が残っているという事だ、日本側は、排水をコントロールする方法を、おそらく検討することになると述べた。しかし、本当に最後の決定は、やはりまだ下されてはおらず、その可能性について日本側は、調査を続けている。」

    スプートニク:「放射能汚染水除染プロジェクトには、米国企業も参加している。今回の国際チームを代表しているのは誰なのか?」

    フロリャ氏:「入札作業の現時点で、米国の代表者はいないが、フランスと日本自身が参加している。開発において我々にどれくらい強みがあるのか、自分自身について語ることは常に難しい。しかし、もし我々が入札に勝ったら、我々の仕事が評価されると思う。恐らく、この分野での巨大な経験が、我々を助けている。長年にわたって実証済みの解決法もある。おまけに我々は、ある部分ではロスアトムと共に力を合わせている。」

    核分野のリーダー役であるロシアは、原子炉の設計に関係した学術的技術的開発、そして核燃料開発のレベルにおいて、世界の先導役だとみなされており、またロシア製の原子力エネルギー設備も、世界で最も信頼性が高く安全なものの一つだと考えられている。

    なお日本側は、原子炉解体を含めた完全な事故処理には、およそ40年かかるだろうと指摘している。

    タグ
    福島, 原発, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント