15:50 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    日本の賢い信号機、渋滞に苦しむロシアを救うか?地方都市ヴォロネジの挑戦

    日本の賢い信号機、渋滞に苦しむロシアを救うか?地方都市ヴォロネジの挑戦

    © Sputnik/ Sergey Malgavko
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    0 1209311

    先月28日、世耕弘成ロシア経済分野協力担当相は、日本の大臣として初めてロシアのヴォロネジ市を訪れた。この、日本でほとんど知られていない市は、日露都市環境分野協力のモデル都市なのだ。ヴォロネジ市の住みやすさは近い将来、日本の技術とノウハウによって大幅に改善することになる。人口は約百万人、モスクワからは夜行列車で一泊の距離だ。

    スプートニク日本

    この都市環境改善プロジェクトが成功すれば、その経験はモスクワを含むロシア全土で応用されることになるため、関係者は「住民が改善効果を実感できるように、必ず目に見える形で成功させたい」と意気込む。ヴォロネジ市はロシアの数ある都市の中から、長い時間をかけて選ばれた特別な場所なのである。

    ロシアの大都市の例に漏れず、ヴォロネジ住民の頭を悩ませているのは交通の不便さだ。渋滞が多く、道路の状態は悪く、駐車場は少ない。結果として、公園がたくさんあるにもかかわらず街がほこりっぽくなっている。運転マナーも悪い。信号が赤になるとわかっているのに交差点に突っ込み、対向車の邪魔をする車が後をたたない。ドライバーは慢性化した渋滞のせいで、「少しでも前に進まなければいけない」という心理状態に陥ってしまうのだ。そんなロシア人のためにYandex(ロシアで人気のITサービス)やGoogleは、渋滞の程度を確認する地図サービスを提供している。例えばYandexの場合、地図上の道路が緑色で示されていれば、車の流れはスムーズだ。混んでいるが車が進んでいる場合は黄色、完全な渋滞は赤で示される。たとえ道路が真っ赤でも、公共交通を嫌って車で通勤する人は多い。

    このたびヴォロネジ市には信号システムのトップメーカー「京三製作所」(横浜市)の最新技術が導入されることになった。交通量に応じて自動的に信号を調整して渋滞の解消をはかる、賢い信号システムである。日本の技術はどの程度、渋滞に苦しむヴォロネジ、ひいてはロシアを救うことができるのだろうか?スプートニクは、ロシアの都市交通問題に詳しい、長岡技術科学大学の鳩山紀一郎(はとやま・きいちろう)特任准教授に話を聞いた。

    緑は渋滞なし。黄→赤の順に渋滞がひどくなる
    © 写真: Yandex
    緑は渋滞なし。黄→赤の順に渋滞がひどくなる

    鳩山氏「街の外縁部の渋滞は、日本の信号システムの導入で大幅に緩和することができるでしょう。Yandex地図を見てみると、道路の一部区間だけが渋滞しており、それ以外は流れているような状況が、外縁部には散見されます。このようなケースは、本来もっと道路の容量を活用できるはずなのに活用しきれていないということなので、信号システムの導入効果は大きいです。逆に、街の中心部で、常に面的に渋滞が広がっているような場所だと、渋滞の起こり始めのタイミングを少し遅らせることはできるかもしれませんが、効果は限定的でしょう。こういった渋滞は信号機のせいではなくて、需要に対して道路のキャパシティが圧倒的に足りていないために起こっているのです」

    さらに抜本的に渋滞を解消するにはどうすればよいのか。鳩山氏は「大事なのは調査に基づいた計画」と指摘する。

    鳩山氏「まずは車の動きを把握するため、交通流動調査をします。肝心なのは交差点周辺だけではなくて、街全体の調査をすることです。その結果をふまえて、道路を作ったり、車線を増やしたり、信号も含めた交差点の構造を改良するなどの方策をとっていくべきです。交通調査から交差点の詳細設計まで日本がワンセットでアプローチすれば、大いに渋滞解消が見込めるでしょう。特にモスクワと東京は人口密度や街の規模感が似ているので、日本の技術はヴォロネジだけでなくモスクワでも大いに役に立つと思います。最初から最後まで日本のノウハウを総合的に提供できれば、日露協力という意味でも、渋滞解消という意味でも、効果が倍増するのではないでしょうか」

    ヴォロネジ市の「賢い信号機」プロジェクトは、それだけで全ての問題が解決できるという魔法の杖ではないが、快適な都市を作るための大事な一つの要素である。起こらなくてよかったはずの渋滞まで起こってしまう現状を食い止めることができたら、日露協力の目に見える成果となるだろう。

    タグ
    モスクワ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント