05:52 2017年06月25日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    サハリンと日本をつなぐ橋:政治的決定は必要か?

    サハリンと日本をつなぐ橋:政治的決定は必要か?

    © REUTERS/ Kim Kyung-Hoon
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    81445253

    サハリン島とロシア本土をつなぐ橋ができ、北海道がサハリンとつながるようになれば、日本はロシア経由の国際輸送路とつながるチャンスを得る。そうなれば、日本から欧州そしてその逆の貨物輸送の時間が大幅に短縮される。

    スプートニク日本

    そうした壮大なプロジェクトに参加するための基礎となっているのは、ここ最近の露日関係の温暖化であり、両国首脳の相互訪問である。シベリア横断輸送問題調整評議会のゲンナジイ・ベッソノフ事務局長は、東京でのビジネスフォーラム「ユーラシア貨物輸送発展の新たな可能性と展望」で、このプロジェクトに言及した。

    今年2月、ソチでの投資フォーラムでロシア鉄道のアレクサンドル・ミシャリン副社長は「作業グループ作りについて日本側と交渉中だ、そこではこのプロジェクト実現の可能性が詳細に検討される」と語ったが、日本側の代表とは誰なのか明らかにしなかった。またミシャリン副社長は「我々は現在、フィージビリティ・スタディ(実行可能性調査)の修正を行っており、その後で、修正案は橋建設に関する決定採択のため、政府に示されるだろう」と付け加えた。先にロシアのミハイル・ソコロフ運輸相は、これは次の10年を見越したプロジェクトだとしながらも「その実現のためには、日本からロシアを経由して欧州へ、そして欧州から日本へと行き来する貨物の総量の見通しを計算する必要がある」と指摘した。これについて、日本の専門家達も心配している。例えば、環日本海経済研究所(ERINA)の辻久子研究員は「サハリンとロシア本土をつなげても、人や貨物の量は限られる。そこで、その先の日本までつなげることで、石炭や石油の輸出先や、逆に日本からの物流を見込んでいるのではないか?」といった鋭い見方を示した

    ロシアと日本をつなぐ大動脈が作られるかどうかとは別にして、サハリンとロシア本土を橋などでつなげることは、極めて必要不可欠である。現在は、フェリー船でのみつながっているが、気象条件により、年間半年以上もフェリーが使えないからだ。このことは、橋や輸送施設建設を統括するロシアの組織「ギドラストロイモスト」研究所のアレクセイ・ワスィリコフ副所長も指摘した。氏は、さらに次のように述べているー

    「日本について話す前に、ロシアにとってサハリンの鉄道を本土とつなげることが必要だ。これは大分以前からの、非常に差し迫った問題だ。巨大で極めて豊かなサハリン州をロシア全土と実際につなげることが必要である。これは国家的課題であり、我々は、日本に期待しないで、その方向で現実的一歩を しるす必要がある。もし将来性があり儲かると分かれば、日本は国として参加してくるだろう。我々の研究所は、プロジェクトのフィージビリティ・スタディを行った。そこから言えるのは、このプロジェクトは技術的に困難でかつ複雑だが、完全に実現できるという事だ。そして今このプロジェクトは、極東発展にとって大変重要である。ここで必要なのは、インフラを整備し橋や鉄道を建設する事だ。このプロジェクトから、現実的な見返りがあると分かれば、日本だけではなく他の国々も喜んでここにやって来るだろう。」

    さらにスプートニク記者は、ロシア議会下院・国家会議ロシア北方及び極東地域政策問題委員会のニコライ・ハリトノフ委員長に意見を求めた。委員長は、次のように答えている-「サハリンにとって、本土との橋は、死活的に重要な動脈だ。それゆえ、国内移動用のものの建設から始める方が容易だろう。

    一方北海道とサハリンを結ぶ輸送ブリッジについて言えば、これはロシアにとっても日本にとっても利益がある。なぜなら、かなり多くの貨物や旅行客の移動を保証できるからだ。この事は、露日両国を近づけるだろう。もし日本が、この輸送路の利点を評価し同意するならば、プロジェクトの前進はロシア側そして日本側、双方から同時に始まり、大きな経済効果が生まれる。サハリン領内の2つの幹線のその後の結合に向けた最適なアプローチそして技術、金融、労働力が結び合わさって効果が上がるに違いない。」

    なおロシア鉄道輸送問題調査委員会の評価によれば、ロシアと日本を結ぶ橋の建設には、およそ1兆ルーブル(約1兆9600億円)かかると言う。もしサハリンと本土、そしてサハリンと北海道をそれぞれつなぐ橋の建設が同時に始まれば、プロジェクトの実現には、3年から5年かかると見られている。

    タグ
    露日関係, 露日経済協力, 経済, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント