12:29 2017年10月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 6°C
    放射能のサイン

    日本でのプルトニウム吸引事故をめぐって

    © Flickr/ Mad House Photography
    オピニオン
    短縮 URL
    ドミトリー ヴェルホトゥロフ
    11210160

    日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の被ばく事故は、どのようにして、そうした事故が起こりえたのか?という事へ、人々の明らかな関心を呼び起こすものとなった。

    スプートニク日本

    まず起こった事実を振り返ってみたい。6月6日、センターの職員数名が、プルトニウムとウラン酸化物の混合物の入った容器を点検中、保管状況を調べるため金属容器のフタを開けたところ、ビニールが破れて、放射能を帯びた埃あるいは噴霧上のものが飛散した。5人の作業員の方の衣服や手、頭などが放射能汚染され、そのうちのお一人の肺からは、プルトニウム239とアメリシウム241の同位体が見つかった。

    日本原子力開発機構は、被爆した放射線量はわずかで、健康に何ら脅威を与えるものではないと請け合っている。被爆された職員の肺の中から検出されたプルトニウム239は2万2千ベクレル、アメリシウム241は220ベクレルだった。他の職員の体内放射能汚染のレベルは、2千から1万4千ベクレル程度だった。とはいえ肺の中に放射性物質が残っている。最も多く被爆した職員にとって、年間線量は、ほとんど年間1.2シーベルト(あるいは120レントゲン)にまで達する可能性がある。この数字は、将来的に深刻な健康被害を引き起こす恐れのあるものだ。

    いま必要なのは、起こったことについて、いくつかの冷静な観察を行う事だろう。新聞雑誌で発表された情報は多くないが、それでも若干のディテールは、事の本質を理解する助けになる。職員の方々は、すでに長年に渡り保管されている放射性物質の入った容器を開けようとした。アメリシウム-241同位体の検出が、それを示している。これは、プルトニウム∸241が崩壊する際に現れる。このプルトニウム-241は、原子力発電あるいは軍事用に準備された、どのようなプルトニウムの中にも存在する。半減期は13,2年である。

    混合酸化物中に、アメリシウム-241の量を決定するために十分なものが蓄積されるためには、およそ10年から12年かかる。

    さらにアメリシウム自体も、 熱を放出しながら分解されてゆく。次第に容器は温められ、中の圧力が、容器の覆いを胴体に強く押し付けるまでに上がったのである。それで職員が、容器のフタを開けたところ、ビニールが破れて放射性物質が飛散した。圧力の変化が影響したとみられる。

    このように今回起きた事の全体は、かなり単純であることが分かる。しかし一連の問題を提起している。まず第一に、プルトニウムは、この研究施設内に、どれくらい長く、事実上、点検もされないで保管されていたのか?という問題だ。

    そして第二は、容器の構造がどれほどしっかりしたものだったか、中身の詰め過ぎから破裂が始まるのではないか?というもの、さらに第三は、この研究センターに一体どれくらいのプルトニウムがあるのか?という問いである。

    第三の問題は、時に日本国内でプルトニウムが、理由も謎のまま、その行方が分からなくなっている事を考えた場合、特に焦眉のものだ。例えば2003年、東海村の核燃料加工工場で、1977年から蓄積されていたプルトニウム200キロ弱が見つかった。2014年夏には、日本が2011年と2012年のIAEA(国際原子力機関)の報告書の中で、2011年に玄海原発第三号炉の格納庫に置かれていたプルトニウム640キロ(核爆弾80発相当)を示さなかったことが明らかになっている。もしそうした事がほかの国、例えば北朝鮮だった場合、それは世界的に大変なスキャンダルとなり、北朝鮮は軍事目的のために放射性物質を隠匿しようとしているとの執拗な非難が浴びせられるに違いない。

    今のところ日本に対しては、そうした非難は寄せられていないが、それでも状況は深刻だ。もしプルトニウムが長年にわたり、研究施設内の容器に置かれたまま、めったに点検されない場合、それらは、放射性物質不法利用の前提条件を作り出すことになる。また保管場所から盗み出される可能性もあるし、例えば、そこが一種の「隠し場所」のようなものとなるおそれもある。そうなれば、非常に長い年月の間に、専門家の注意の対象外となり、その後、軍事プログラムまでも含めた何らかの目的に、こっそり使用されるかかもしれない。

    いずれにしても、今回の出来事を通じて、日本の原子力産業には、解決が求められる十分多くの問題がすでに蓄積されている事が、明らかになるだろう。

    被爆された職員の方々の御健康の回復を、心から祈る。

    なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント