14:57 2018年07月21日
安倍首相の勝利:プーチン大統領はそのせいで負けるのか?

安倍首相の勝利:プーチン大統領はそのせいで負けるのか?

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
オピニオン
短縮 URL
タチヤナ フロニ
964

衆議院を任期満了前に解散し選挙にふみきった安倍首相の戦略は成功を遂げた。自民党は公明党とともに過半数の票数を獲得した。こうして自民党は最近続いていたスキャンダルから立ち直った。安倍政権のロシアに対する戦略の方向性は以前と同様なのだろうか。衆院選前、安倍政権の支持率は、無視できないほどに下がっていた時期があった。これは日本のエスタブリッシュメントと選挙民の一部が、全ての面において安倍政権を支持している、というのではないことを示している。ロシア側から領土問題に対する何の譲歩も得られないのに、ロシアに接近しようとしている安倍政権の戦略についても、全国民に諸手を挙げて支持されているとは言えない。

スプートニク日本

もしかすると安倍首相はハッと我にかえって、選挙前までとは違う態度をとり、今回の有権者からの信任を、日本外交における別の目的のために、チャンスとして利用するのではないだろうか?

ロシアの歴史家で日本専門家でもあるアナトーリー・コーシキン氏は、「領土問題でロシアに譲歩を求めることは、おそらく、安倍政権の長期的戦略として残るだろう。安倍氏はこれからも自身の外交政策を作り上げていく」と考えている。

ロシア科学アカデミー・極東研究所、日本研究センターのワレリー・キスタノフ所長も、コーシキン氏に同意する。

キスタノフ氏「安倍氏は以前と同様、2人のカリスマ的リーダーが、70年以上かかっても動かなかった問題を解決できる、ということに期待をかけている。彼はクリル諸島の問題を解決した人物として歴史に残りたい。安倍氏は、これは一回の会談で解決できるものではないとよくわかっているし、それについて言及もしてきた。時間と忍耐力が必要だ。そんなわけだから、近日ベトナム・ハノイで行なわれるAPECで日露両首脳は、彼らが選んだ方向性を引き続き堅持することを確認し合うだろう。それはつまり、二国間の間に作り上げられた、最大限友好的な雰囲気を守っていくということだ。安倍氏はプーチン大統領との間に積み上げられた信頼関係の蓄積を無にするつもりはよもやないだろう。それに、衆院選で自民党が大きい勝利を収めたことで、安倍氏が総裁選で三選されるだろうと予想できる。これは前例のないことだ。そしてプーチン氏もまた、次の大統領の任も彼が務めることになるだろう。彼らは最大2021年まで、ある種絶対的権力をもつことになる。これは、最も野心的な課題を解決するのに、確かな、それなりの期間だ。そんなわけだから安倍氏は対露政策で予定している方向性を変える必要などないのだ」

外交・防衛政策会議議長のフョードル・ルキヤノフ氏は「安倍氏の政策はロシアと妥協案を見つけ、現実の成果を出すということに集約している。2021年に安倍首相は、実りのない交渉ではなくて、何か具体的なものを示さないといけなくなるだろう」と話している。

安倍氏によって提示されたロシアとの経済協力プランは、期待したほどスムーズにではないにしても、安倍氏とプーチン氏が会合するたび、具体的な項目が出てきている。11月のハノイにおけるAPECで、両首脳の会談回数は20回に達する。

しかしハノイで議題になるのは、なんと言っても北朝鮮のミサイル開発の問題だろう。日本にとって外交上の重要問題であり、これに対する安倍氏の姿勢は一貫している。

戦闘機F-35
US Air Force / Airman 1st Class Jason Couillard
「日本会議」の田久保忠衛会長は「週刊朝日」11月3日号で、「総選挙の結果を総括すると、国民が本能的に賢い選択をしたのでないかと思う。北朝鮮有事に対する安倍晋三首相の危機感に反応した結果だ。(中略)それなのに、安倍首相は腰の引けたところがあった。北朝鮮は核・ミサイル実験をやめない」と述べている。いっぽうロシアは朝鮮半島問題解決のアプローチを日本とは異なる観点からとらえている。

キスタノフ氏「安倍氏はロシアと中国に、どんなわずかな関係も断絶し、北朝鮮を経済面で完全に孤立させるよう説得するつもりだろう。特に北朝鮮への石油供給だ。おそらく安倍氏はハノイのAPECで、プーチン氏にこのことを話す。安倍氏が衆院を解散したのは、自民党が勝利した際に対北朝鮮政策強化の全権委任を得るためだ。そして彼はこれをすぐに実行する。彼は、二本立ての「圧力と対話」を並行させるやり方はすでに古いとみなしている。対話の時間は終わり、圧力をかけるしかない、と。また日本には、国際社会が共同で制裁を強化するようにすべき、という圧力もある。米国との同盟を利用し米国による軍事圧力を、ということになるかもしれない。つまり北朝鮮をおびえさせることで、トランプ米大統領を完全に後押ししているのだ。」

キスタノフ氏は、日露首脳の北朝鮮政策には乖離があるものの、そのことが日露関係に直接影響を及ぼすわけではないと考えている。ロシアも、国際社会の一員として、他国同様、北朝鮮のミサイル実験や挑発を非難している。ただプーチン大統領には米国と違うアプローチがあるのだ。

ロシアの対北朝鮮制裁によってロシアと北朝鮮間の科学技術協力の凍結、ロシアの銀行の支店やその他機関の事務所が閉鎖される。また制裁では核プログラムに関与している北朝鮮の船舶がロシアの港に入ることを禁じている。

ハノイの会談で日露首脳は双方とも、自国の北朝鮮政策の正しさを相手に説得するような形になるだろう。9月19日、国連事務総長のアントニオ・グレーテス氏は「これは成熟した制御・運営のための時間だ。戦争をする方向に突っ走ってはいけない」と述べ、北朝鮮に対する新しい制裁は、国際社会が武力闘争なしで問題を解決したいという願いをあらわしているのだと強調した。

タグ
露日関係, ウラジーミル・プーチン, 安倍晋三
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント