04:17 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    ステパンという名前の熊

    300キロの優しさ:熊を手なずけたロシア人家族の話【動画】

    © 写真: medvedstepan.ru
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    0 210

    世界ではクリスマスと新年に向けた準備が始まっている。モスクワ、パリ、ボン、また東京でも店のショーウィンドウはきらびやかなオーナメントボールや花輪などで飾り付けられている。そしてモスクワ郊外ではクリスマスと新年に向けてステパンという名前の熊が準備を行っている。これはステパンにとって初めてのことではない。ステパンはもう約20年間もロシアで「ヨールカ」と呼ばれる主に子供向けの新年のイベントに参加してきた。また映画やテレビドラマなど約10作品にも出演した経験がある。これはステパンにとって喜びであり、お金を稼ぐチャンスだという。ステパンはもう24年間も調教師のユーリー・パンテレエフさんとスヴェトラーナ・パンテレエフさん夫妻の家族と一緒に暮らしている。

    スプートニク日本

    パンテレエフさん夫妻がステパンと出会ったのは動物園。その時ステパンは生後3ヶ月だった。ステパンは森にひとりぼっちでお腹を空かせ、病気だったところを猟師に発見され、動物園に引き渡された。だが他の熊たちがステパンを受け入れず、エサを食べさせてもらえなかった。そこでパンテレエフさん夫妻はステパンを引き取り、面倒を見ることで動物園側と合意した。ステパンは大きくなり、家族の一員となった。ステパンはモスクワ郊外で「育ての親」と一緒に暮らしている。ステパンには自分の部屋もある。ステパンはお手伝いもするという。また冬が大好きで、雪の中を転がったり、夜になると家族と一緒にソファーに座ってテレビを見る。

    パンテレエフさん夫妻の息子、アレクセイさんは、通信社スプートニクのインタビューでステパンについて次のように語ってくれた-

    今ステパンの体重はもう300キロ弱になりました。性格は変わっていません。ステパンは疑うことを知らず、従順で、恐らく世界で一番優しい熊だと思います。ステパンは毎日、肉、魚、卵、野菜をおよそ25キロ食べます。ハチミツと練乳が大好きです。撮影の謝礼はステパン用にとっておき、すべて食事代になります。

    ステパンのサイトもある。ステパンは結婚式やお祝い、その他のイベントに呼ばれる。そこではまるで猫のようにステンパンと遊ぶことができる。またステパンは写真撮影にも何度も参加している。パンテレエフさん一家によると、これまでステパンは一度もほんの小さな攻撃的な兆候さえ見せたことがないという。ステパンに近づいて撫でたり、手を握ったり、さらにはステパンのどっしりとした大きな背中の上に座ることもできる。

    熊を手なずけるのはとても難しい。熊を飼いならすことに成功するのは非常に稀だ。熊はやさしそうに見えるが、実はとても狡猾で賢い猛獣だ。ステパンのような熊は野生には存在しない。なおヒグマの平均寿命は野生下で20年から30年、飼育されている場合は47年から50年とさている。

    タグ
    動物, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント