18:15 2018年01月16日
東京+ 13°C
モスクワ-7°C
    金正恩氏

    金正恩氏はトランプ氏との対決で勝利した?

    © REUTERS/ KCNA
    オピニオン
    短縮 URL
    アンドレイ オリフェルト
    1481

    朝鮮半島を巡る情勢を評価し、現時点でプーチン大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「勝負に勝った」とし、金正恩氏の関心が情勢の沈静化にあるとの見方を示した。9日には韓国と北朝鮮が2年ぶりの閣僚級会談を開き、北朝鮮が平昌冬季五輪に選手団、高官級代表団、応援団を派遣することで合意した。米国が北朝鮮問題に対してとった制裁というアプローチが機能せず、金正恩氏が賢明な政治家としての能力を示したと述べる根拠はあるだろうか?

    スプートニク日本

    スプートニクのインタビューに対し、韓国政府系シンクタンク・韓国統一研究院 (KINU)の元院長、孫基雄氏(Son, Gi-Woong)が次の見方を示した。

    「戦争の脅威を引き起こしかねない過剰な措置の結果、トランプ政権は国際社会に、戦争が本当にまもなく始まるかもしれないという印象を与えた。これはトランプ氏のマイナスイメージを形成し、この(傾向)を正しく見出した金正恩氏は米国のイメージを貶めようと『平和攻勢』に転じた。」

    「しかし米国は(北朝鮮の)経済的困窮の克服において、国連や個々の諸国からの制裁解除という方法で重要な役割を果たす。そして奇妙に見えるトランプ氏の戦略が北朝鮮の立場に変更をもたらした以上、中長期的にはトランプ氏が勝者になると言えるかもしれない。」

    「金正恩氏は新年の演説で、国民経済の問題克服を優先課題として挙げながら、北朝鮮が味わう経済的困難を一度ならず直截に述べた。その問題とはエネルギー源の効率的使用や自国の科学やテクノロジーの発展などだ。北朝鮮指導部は、核兵器製造の完了と達成した国内の安定水準(の維持)、経済発展を同時に行う困難さをはっきりと理解している。そのため、彼らの喫緊の問題は米国との関係改善なのだ。」

    孫氏によると、平昌五輪と建国70周年を口実に南北関係を改善し、北朝鮮は最終的に米国との関係も改善しようとしている。

    「この観点から見れば、平和攻勢は戦術ではなく戦略である。もしサラミ戦術が韓国との関係で機能すれば、北朝鮮は将来的に米国との関係改善にも進む方針だ。」

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 核問題, 制裁, ドナルド・トランプ, 金正恩
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント