21:59 2019年06月24日
ビットコイン

通信アプリ「テレグラム」、ビットコインに対抗できる新仮想通貨を公開か?

© REUTERS / Dado Ruvic
オピニオン
短縮 URL
リュドミラ サーキャン
0 42

新世代仮想通貨が2018年中に市場に現れる可能性がある。公開するのはメッセージアプリ「テレグラム」のCEO、ニコライ・ドゥーロフとパーヴェル兄弟だ。ネットに流出した同社のホワイトペーパーから明らかになった。

スプートニク日本

最初に報道したのはテッククランチ。続いてスタートアップ企業のフョードル・スクラトフCEOがこれを認める内容をフェイスブックに投稿した。

独自の「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON) 」ブロックチェーン・プラットフォームは、ビットコインやイーサリアムより効率的なトランザクション(取引)とスケーラビリティ機能を持つ第三世代ブロックチェーンとなる。

いくつかの情報によると、2018年3月にはTON発足に不可欠なICO(新規仮想通貨公開)を予定。TONは、新たな仮想通貨が機能する基になるプラットフォームだ。仮想通貨の名称は「グラム(Gram)」になるとされるが、この情報は確認されていない。明らかなのは、仮想通貨がテレグラム外の市場で取引され、テレグラムのユーザーの決済に用いられるということだけだ。内部の仮想通貨により、テレグラムのユーザーは手数料なしで国境越しの相手に個人送金や、高い手数料のためクレジットカードでは非現実的な小額決済などが可能になる。1億8000万人のテレグラムユーザーのデータベースにより、グラムは最も人気の仮想通貨の1つになれる可能性がある。

ロシア金融界ではこのプラットフォームの将来性の評価で意見が分かれている。ロシア下院の金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ委員長は「TONプラットフォームでの取引が従来の支払いシステムより速ければ、オーディエンスも現れる。だがまだこのことを話すことは時期尚早だ」と述べた。

ロシア大手銀行ズベルバンクとVTBの担当職員もまた、従来の金融サービスへの脅威になるとは考えていない。

VTBのアレクセイ・チュバリ氏は新たなブロックチェーン・プラットフォームの出現について「独自通貨発行の試みは幾度となく行われたが、その使用に関する『社会的コンセンサス』なしにはその成功は極めて制限されたものになる」とコメントした。

Qiwiグループの暗号技術開発ディレクターのアレクセイ・アルヒポフ氏は「テレグラムは銀行カードと対抗しようとする可能性があるが、微々たる取引量のため、結局はスタンダートな送金システムの真剣な対抗相手にはならない」と確信している。

一方、異なる意見もある。投資企業「Exante」の共同創業者アナトリー・クニャゼフ氏は、テレグラムのプロジェクトがシンプルさと現実性のため、ICOによる資金集めでも仮想通貨への需要においても高いチャンスを持つと評価する。

ロシアのテレビ局「360°」によると、この仮想通貨の最初の所有者となれるとして、3万トークンを5000ドルでテレグラムのユーザーに売りつけようと試みた詐欺師がすでに現れた。なお、グラムはまだ存在しない。

テレグラムのドゥーロフ氏はこの件に関して沈黙を保っている。ドゥーロフ氏は、テレグラムの公式ニュースフィードをチェックしていくよう推奨した。

数十カ国で用いられるテレグラムのユーザー数は現在ほぼ1億8000万人で、2022年1月までには10億人を目標としている。この広い対象ユーザーにより、TONが好調に公開された場合、新たな仮想通貨は全世界の人々数億人が用いる可能性がある。もし、当然、この計画が実現すればだが。

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント