12:18 2019年10月19日
iPhoneと女性

信頼の危機 Appleのバッテリースキャンダルの行き着く先は?

© Sputnik /
ルポルタージュ
短縮 URL
3104
でフォローする

Appleの評判を落とす大スキャンダルが燃え上がった。同社はユーザーに秘密で古いiPhoneの性能を意図的に低下させたのだ。怒りに震える消費者は裁判所に列をなしている。米、カナダ、イスラエル、フランス、中国で大量の提訴が降り掛かった。評判へのこうした打撃は世界1高価なブランドに数十億ドルの損失をもたらすと観測者は警鐘を鳴らす。

スプートニク日本

昨年11月に発売されたiPhone Xへの熱狂的な関心はまもなく落胆に変わる。次々と欠陥が発覚したのだ。Appleのフラッグシップ機iPhone Xは寒いと反応が鈍り、音割れし、タッチ操作不能になり、持ち主以外の顔でもロックを解除する…。10月の予約注文で一気にiPhone Xを売ると、Appleは同機の生産量を削減。2018年第1四半期には需要が目立って落ちた。

iPhone X発売のわずか1ヶ月後、Appleは、以前のモデルの速度低下を認めたが、ユーザー体験のためだと釈明。バッテリーの駆動時間の延長と突然のシャットダウンを防ぐ目的だという。

米国では集団訴訟が提起され、原告は約1兆ドルを請求。ロシアで初めてこの件で訴訟を提起したのはモスクワに住む弁護士のアンドレイ・クリュチニコフ氏だ。

クリュチニコフ氏はスプートニクに「メーカーが意図的にスマートフォンの速度を落とし、新たなモデルを買うよう私たち消費者を促していたことを前から疑っていた」と語る。クリュチニコフ氏によると、昨年末にはiPhone6が「もう全くひどく動く」ようになった。

クリュチニコフ氏は「形式的にはスマートフォンは自らの機能を果たしている。電話やネット検索、アプリ使用が可能だ。だが、非常に大きな遅れとともにこれら全ては行われる。しかも、アプリは頻繁にフリーズし、落ちる。ウェブブラウザの『Safari』にも問題がある」と語る。これは古いiPhoneの所有者の多くに覚えがある問題だ。

ロシアの法律事務所「Lex Borealis」もまたAppleの件で裁判所に10件の申し立てをした。同事務所のドミトリー・ポノマレフ氏は「すべての人の問題は1つだ。速度が落ち、製品仕様が困難になる。この場合、消費者は何をすべきか?法は明確に述べる。商品の値下げと不具合の訂正を要求するべきだ。これこそが私たちの原告の主な要求でもある」と説明する。

批判に直面したAppleは火消しを試みた。同社は米国でバッテリー交換プログラムを79ドルから29ドル(日本では8800円から3200円)に引き下げた。だが不健全な大混雑が発生。多くの消費者はバッテリー交換を予約し、一部の店舗では待ち時間が数日にまで伸びたのだ。

英銀行バークレイズは、バッテリー交換の新たな図式によりiPhoneの売上が激減すると見ている。バッテリーの劣化こそが新モデルの購入の主な動機だからだ。バッテリー交換が今や格段に安く、性能アップにつながることを考慮すると、2018年のAppleの売上は予測より1600万ドル(約17億円)下がり、100億ドル(約1兆1000億円)の損失が出る可能性がある。

短期的な損失をAppleは耐えきれるだろうが、勢いを増す今回の信頼性の危機は長期的で極めて悪い影響を及ぼすだろう。

タグ
テクノ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント