22:27 2018年10月16日
ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社のダーク・アールボーンCEOハイパーループのイメージ(アーカイブ)

「私たちはロシアに非常に近い」次世代交通手段についてハイパーループCEOにインタビュー

© AP Photo / Jack Plunkett © 写真: Hyperloop Transportation Technologies Inc
1 / 2
オピニオン
短縮 URL
0 50

ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社のダーク・アールボーンCEOはスプートニク・フランス語版の特派員に、同社の旗艦プロジェクトの進捗を語った。ハイパーループとは、現在実現が試みられている次世代の超高速交通手段である。

スプートニク日本

私たちは様々なエネルギー生産方法を用いる。それはソーラーバッテリーや風力エネルギー、ブレーキ時の運動エネルギーなどだ。気候や地熱エネルギーによっては、理想的には道路そのものが消費する以上のエネルギーを生産を可能にすると期待している。

アールボーン氏によると、余剰エネルギーの販売はこの経済的なモデルをなす一部となる。広告は収益を増やす追加的な手段だ。さらに、まさに広告によりピーク時間外の利用が無料になる可能性もある。有料になるのは「運送会社に提供されるサービス」のみになるかもしれない。

広告が車両に掲載されるといっても、広告で乗客をうんざりさせるわけではない。主な力点は娯楽に置かれている。

私はスイスまで11時間飛行したが、私を楽しませる人はいなかった。そしてここにパラドックスがある。なぜならマーケティングには何十億ドルも隠されており、全ては、顧客が喜んで財布の紐を緩めるためだけにある。しかし移動時間で現在、乗客を楽しませるものは何もない。

世界のすべての政府と協力する必要がある。なぜなら、あなたもご存知の通り、イノベーションは非常に迅速に成長するが、政治は時に遅すぎる。

昨年12月、アールボーン氏はフランスのマクロン大統領と会見した。

アールボーン氏によると、今年2月には仏トゥールーズに実物大のテストトラックが建設される。ハイパーループ構想は他国でも支持されており、例えばアラブ首長国連邦の王族もハイパーループを資金援助する。

ロシア政府もまた私たちを支持している。具体的なプロジェクトはまだないが、私たちはロシアに非常に近い。これは非常に大きな国で、諸都市間に高速交通手段が必要だ。私たちのテクノロジーは理想的に最適だ。

残るは、ロシアで発展可能な具体的なプロジェクトの決定だ。アールボーン氏は使える手札を全て明かしていないが、マクロン大統領同様、次回のサンクトペテルブルク経済フォーラムを訪れる予定だ。

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント