00:16 2018年07月18日
ロシア名誉領事・田村氏、東郷平八郎元帥の軍服レプリカを日露戦争史料館に寄贈ロシア名誉領事・田村氏、東郷平八郎元帥の軍服レプリカを日露戦争史料館に寄贈

ロシア名誉領事・田村氏、東郷平八郎元帥の軍服レプリカを日露戦争史料館に寄贈

© 写真 : Toshio ShibataToshio Shibata
1 / 2
オピニオン
短縮 URL
徳山 あすか
173

11日、在福岡ロシア連邦名誉領事の田村文彦氏は、サンクトペテルブルクにある日露戦争史料館の求めに応じ、日露戦争の連合艦隊指令長官だった東郷平八郎元帥の軍服レプリカを寄贈した。寄贈式典はサンクトペテルブルクの国立図書館で盛大に行なわれ、海軍関係者や歴史家、対馬沖海戦参加者の子孫などが参加した。

スプートニク日本

レプリカは1905年の対馬沖海戦時に東郷平八郎が実際に着用していた軍服を採寸し、精巧に再現したものだ。帽子、階級章、ベルト、サスペンダー、靴に至るまで、全て本物同様になるよう、細部までこだわりをもって制作された。歴史に残る仕事だけに職人たちの共感を呼び、制作からわずか3か月で完成したという。更に、東郷平八郎のひ孫である東郷宏重氏の協力により、大正天皇が皇太子時代に東郷平八郎に下賜した軍刀のレプリカも作成され、寄贈された。

日露戦争史料館は9年前に、ロシア陸軍師団長だったセルゲイ・シェルシネフ氏の発案で開館した。史料館は230にもおよぶ戦艦プラモデルのコレクションなど、ユニークな展示品で知られている。

  • 軍刀
    軍刀
    © 写真 : OPORA RUSSIA FUKUOKA
  • 勲章
    勲章
    © 写真 : OPORA RUSSIA FUKUOKA
  • ベルト
    ベルト
    © 写真 : OPORA RUSSIA FUKUOKA
  • 上衣
    上衣
    © 写真 : OPORA RUSSIA FUKUOKA
1 / 4
© 写真 : OPORA RUSSIA FUKUOKA
軍刀

田村氏は日露の経済交流を促進する社団法人「OPORA RUSSIA福岡」の会長でもあり、日露の企業・民間交流に尽力してきた。2015年、ロシア外務省は、田村氏の長年の功績を称え、田村氏を福岡におけるロシア連邦名誉領事として決定した。「OPORA RUSSIA福岡」は、食文化を通した交流や医療分野にも力を入れている。

中でも、日露戦争をキーワードとした民間交流は、田村氏が注力している分野のひとつだ。田村氏は福岡県宗像市大島の高台の土地を自費で購入し、対馬沖海戦で犠牲になった兵士の慰霊碑を2013年に建立している。

ロシア連邦名誉領事の田村文彦氏
© 写真 : Toshio Shibata
ロシア連邦名誉領事の田村文彦氏
タグ
文化, 歴史, 戦争・紛争・対立・外交, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント