21:36 2018年12月19日
ザギトワがもらったような犬がほしい!秋田犬の故郷からのルポ

ザギトワがもらったような犬がほしい!秋田犬の故郷からのルポ

© REUTERS / Maxim Shemetov
オピニオン
短縮 URL
アナスタシア フェドトワ
0 121

5月26日、マサルと名付けられた秋田犬が新しい飼い主、フィギュアスケートのオリンピック金メダリストであるアリーナ・ザギトワと対面した。この前日、スプートニクの記者は仔犬の故郷を訪れ、マサルとハチ公をつなぐ縁、秋田犬の魅力、アリーナ・ザギトワの仔犬についてロシア人と日本人がどう考えているのかを取材した。

スプートニク日本

  • ハチ公の親戚

生後3ヶ月のマサルはすでに故郷の秋田県だけでなく、はるか県外でも知られる存在となった。オリンピック金メダリストの飼い犬になっただけでなく、2回の記者会見に出席し、安倍首相とふれあい、週刊朝日の表紙にもなったのである。すべての秋田犬がこのような名誉に浴せるわけではない。しかし、日本にはマサルよりも有名で愛される犬がいる。もちろん、ハチ公だ。

マサルと名付けられた秋田犬が新しい飼い主、フィギュアスケートのオリンピック金メダリストであるアリーナ・ザギトワと対面した。
© AFP 2018 / Pool / Alexander Zemlianichenko
マサルと名付けられた秋田犬が新しい飼い主、フィギュアスケートのオリンピック金メダリストであるアリーナ・ザギトワと対面した。

ハチ公も秋田犬であり、秋田県の北部にある大館市で生まれた。大館市は、世界中の人々を感動させたハチ公との縁を記憶にとどめ、誇りにしている。

市役所は次のように書いている。「忠犬ハチ公は、牡の秋田犬で、大正12年11月、大館市大子内(おおしない)の斎藤義一宅で、父:大子内山号、母:胡麻号の間に生まれました。

ちょうどそのころ、東京帝国大学農学部教授・上野英三郎博士が、純系の日本犬を捜していました。それを聞いた博士の教え子の世間瀬千代松氏は、部下・栗田礼蔵氏の知り合いの斎藤宅から子犬をもらうことを思い付いたのです。大正13年1月14日、こうして生後50日前後の幼犬が上野博士のもとへ送られました。幼犬は、博士と共に食事をするほど可愛がられ、「ハチ」と名付けられました。」

大館では、駅のプラットホームにハチ公を祀った小さな神社が立っている。よくある鐘の代わりに鈴を鳴らすと、犬の鳴き声が響く。忠犬の記憶はこの都市のあらゆる場所に残されている。大通りにも、いくつかのカフェにも、図書館にも、文化会館にも、駐車場にさえもハチ公の名が冠されているのだ。駅の向かいには、東京の渋谷駅にあるのとまったく同じハチ公像が立っている。

  • 犬を通じたロ日友好

秋田犬の繁殖は秋田県外でも、日本国外でも行われているが、毎年5月3日には世界中のブリーダーが大館市にやってくる。犬の祭典とも言うべき展覧会が開催されるのだ。今年、地元の役所と主催者である秋田犬保存会の注目の的となったのは、仔犬のマサルとロ日友好だった。

マサルは秋田犬保存会がロシア人に贈った初めての犬ではない。2012年、2011年の震災時にロシアから受けた支援のお礼として、ユメと名付けられた仔犬がロシアのプーチン大統領に贈られた。大館市はこの記憶を大切にしており、今回2頭目の犬が遠いロシアに旅立ったことをとても喜んでいる。日焼けしたブリーダーは次のように語った。「それは私はとてもいいことだと思います。秋田犬は世界に配信しないといけない」

2012年、2011年の震災時にロシアから受けた支援のお礼として、ユメと名付けられた仔犬がロシアのプーチン大統領に贈られた。
© Sputnik / Michael Klimentyev
2012年、2011年の震災時にロシアから受けた支援のお礼として、ユメと名付けられた仔犬がロシアのプーチン大統領に贈られた。

展覧会の会場となった公園では、そこここからアリーナ・ザギトワの名前が聞こえてきた。日本からすれば、大好きなアリーナに大好きな犬を贈ることは素晴らしいことなのである。インターネットでは、仔犬と飼い主の初めてのツーショット写真に日本のユーザーから感嘆のコメントが数多く寄せられた。

​一方で、ロシア人はこの出来事をあまり良いこととは捉えていない。多くの人は、スポーツ選手の忙しさを考えると、犬の面倒を見る人がいないのだから、アリーナにマサルをプレゼントするということは、犬を不幸にすることだと考えている。ブリーダーのイリーナは大館で開催された展覧会で否定的な意見を述べた。「犬はモノではありませんし、プレゼントしてはなりません。誰が仔犬の面倒を見るのですか?たくさん散歩をしなければなりませんし、世話も必要です。誰がそれをするのですか?」

まるで懐疑主義者の疑問に答えるかのように、アリーナは贈呈式できちんと犬の世話をすることができると約束した。初日にアリーナは5回もマサルを散歩させ、どうやら、共通言語を見つけたようだ。

  • 秋田犬はどんな犬?

アリーナとマサルの幸せそうな写真が世界中を飛び回ったことで、秋田犬の需要が高まることが想定される。「ザギトワのような」仔犬を飼ってもよいのか、この犬種の世話は大変なのか、経験豊富なブリーダーが語ってくれた。

大館の展覧会でスプートニクは畠山家の人に話を聞くことができた。畠山家はプーチン大統領に贈られた犬を育てた家である。

スプートニク:秋田犬はどういう性格ですか。

畠山さん:色々ですよ。飼い主によりますね、育て方によると思います。

スプートニク:秋田犬を飼うのは難しいですか。特別なケアが必要ですか。

畠山さん:難しいことはありません。特別なことはないですよ。自分の気持ちをこめて可愛がれば、それでいいんです。

スプートニク:良い犬を選ぶ方法はありますか。

畠山さん:遺伝ですかね。でも、遺伝もそれぞれですね。小さいときに「この犬はいいな」と思っても、大きくなれば変わるんですよ。やっぱり犬も人も同じで、自分の子どものように可愛がってしつけて、育てていけば、それなりの性格になります。いい犬もいれば悪い犬もいるけれど、飼い主のしつけ次第でどうにでもなります。

長年の経験を有するロシア人ブリーダーのイリーナは、初心者は秋田犬を飼うべきではないという意見の持ち主だ。仔犬を買うのであれば、ブリーダーと常に連絡を取り合う必要があるという。

スプートニク:秋田犬にはどんな問題が起こる可能性があるのですか?

イリーナ:秋田犬は他の犬に対して攻撃的です。一緒に暮らしている犬に対しては問題ないのですが、家の外に出ると、よその犬に攻撃性を発揮します。主に、よその犬に対してです。人間には警戒感を持って接しますが、攻撃的ではありません。

スプートニク:秋田犬の世話は大変ですか?

イリーナ:秋田犬はとてもたくさん散歩させなければなりません。これは絶対です。餌をやり、ビタミンを与え、特に毛の生えかわる季節には丁寧にブラッシングしなければなりません。なぜなら、とても毛深いからです。それ以外には、特別な世話は必要ありません。

また、犬の大きさも考慮しなければならない。アリーナにプレゼントされた3ヶ月の仔犬の体重はすでに8キロに達している。成犬は体長70cm、体重50㎏になることもある。

しかし、最も重要なのは、自分の飼い犬を愛せるかどうかだ。アリーナ・ザギトワがマサルを愛しているように。

タグ
動物, アリーナ・ザギトワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント