11:48 2018年07月20日
レナ川

サハ共和国の風力発電に向け、まもなく風車建設開始

© Sputnik / Ruslan Krivobok
オピニオン
短縮 URL
徳山 あすか
0 20

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)によれば、ロシアのサハ共和国ティクシ市で行われる風力発電プロジェクトに使用する風力発電機3基分の部品が、すでにウラジオストクに到着していることが明らかになった。部品がティクシに到着次第、風車の建設が開始される。

スプートニク日本

この風力発電機は、ロシアにおける風力発電の経験をもつ駒井ハルテックが、現地の環境を分析し、特別に開発したものだ。ティクシは1月の平均気温がマイナス40度にもなる極寒の地域とあって、従来の風車より更に耐寒性を強めたものになっている。

ティクシは、気候も厳しいが、物資の輸送も大変だ。風力発電機の部品はウラジオストクからヤクーツクまで陸路で運ばれた後、7月下旬にはレナ川を利用して河川輸送を行なう。8か月も冬が続くティクシでは、夏の間しか作業ができないため、建設は2段階にわけて2年越しで行なわれる。今年の夏には風力発電機3基が建設され、来年の夏にはディーゼル発電機、蓄電池によるエネルギーマネジメントシステムを組み合わせた「ポーラーマイクログリッドシステム」が構築される。風車の建設にかけられる時間はおよそ2か月しかなく、もしレナ川の雪解けが遅れれば、工期にも影響が出る。風車建設にあたっては日本の専門家が現地に派遣される。

この風力発電プロジェクトは日本がロシアに提示している8項目の経済協力プランの「エネルギー開発協力」に含まれるもので、NEDOおよびロシア国営電力大手のルスギドロ、サハ共和国政府が関わっている。三者は今年2月、「風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証事業」の実施にかかわる協力覚書(MOC)を締結した。

実証事業は2021年2月まで行なわれる。このプロジェクトにより、年間で16%のディーゼル燃料が節約できる見込みだ。

関連ニュース

世界一寒い大冒険:オイミャコンで感じた、自然と共存する素晴らしさ【写真】

タグ
自然, 露日経済協力, テクノ, 経済, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント