11:49 2018年11月18日
シェンタリンスキー氏

ロシア人俳優から学ぶ自己表現、コミュニケーション能力は現代の武器:一般向けワークショップ開催

© 写真: Facebook / Sergey Shentalinsky
オピニオン
短縮 URL
徳山 あすか
0 40

8月20日、21日の両日、ロシアの著名俳優かつ演出家、セルゲイ・シェンタリンスキー氏が来日し、表現力・コミュニケーション能力向上のためのワークショップを行なう。シェンタリンスキー氏はライキン舞台芸術大学の教授としても活躍し、ロシアやアメリカで後進の指導にあたっている。これまで日本ではプロの俳優を対象にした催しはあったが、一般人を対象にしたシェンタリンスキー氏のワークショップは初めてだ。

スプートニク日本

ワークショップの特徴は、自己表現が苦手、対人関係に問題があるという人を対象にしていることだ。主催者の大門まきさんは、演劇集団「円」に所属し、女優・声優として幅広く芸能界で活動してきた。だがあるとき、芸能活動だけでなく、自分で何かを始めたいという気持ちになったという。大門さんは、「子ども」「コミュニケーション力」という、自分が大切にしている2つの価値に気付いた。

大門さん「20代の頃、演劇をする上で表現力を培ったのはもちろん、現場の雰囲気を良くするコミュニケーション術を見につけ、自分から輪の中に入っていって自分をアピールする力を学びました。一瞬で好感を抱いてもらえなければ、次の仕事がないような現場でしたから。私の場合、そのことに大人になってから気付いたので、最初はすぐに周囲と打ち解けられず苦労しました。小さい頃から、挨拶の仕方や人と仲良くなれる方法を知っていたら、もっと色々やれたのにな、と思ったんです。もともと子どもが大好きで、子どもに関わることがしたいな、と漠然と考えていたので、これを子どもたちに教えられたら、大人になったときにラクなんじゃないかな、と思いました。」

トリッピー表現力教室で指導にあたる大門さん(左)
© 写真 : Maki Daimon
トリッピー表現力教室で指導にあたる大門さん(左)

こうして大門さんは2012年にトリッピー表現力教室をオープン。友だちに遠慮しすぎてしまったり、うまく友だちを作れずに教室で浮いてしまう、という子どもたちの指導にあたっている。

  • シェンタリンスキー氏
    シェンタリンスキー氏
  • シェンタリンスキー氏
    シェンタリンスキー氏
    © 写真 : VK / Sergey Shentalinsky
  • シェンタリンスキー氏
    シェンタリンスキー氏
    © 写真 : VK / Sergey Shentalinsky
1 / 3
シェンタリンスキー氏

大門さんは今年1月、シェンタリンスキー氏によるプロの俳優向け講座を受けた。新人・ベテランを問わず誰に対してもフラットに接し、俳優だけではなく、どんな職業の人が受けても役に立つ、人間力・コミュニケーション力向上のレッスンだったという。「多くの方にこのワークショップを受けてもらい、新たな自分の可能性を感じてほしい」と話す大門さん。20日は子ども、21日は大人を対象に行なわれる。参加申し込み・問い合わせはトリッピー表現力教室まで。

タグ
文化, 映画, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント