23:39 2018年11月20日
豊洲新市場

豊洲新市場 音も匂いも味気もない

© Sputnik / クセニヤ・ナカ
オピニオン
短縮 URL
0 103

豊洲新市場で私たちを出迎えるのは匂いだ。いや、80年に渡り東京の名所だった築地市場の、道や奥まりを通る海のむせ返る匂いではない。豊洲で入り口から私たちを出迎えるのは無菌状態の匂いだ。最初は病院を思わせる。だがこれはただ、内部がプラスチックとガラスで仕上げられた新しい建物の匂いだ。

スプートニク日本

新しい

築地市場同様、豊洲市場も疑いなく世界最大の卸売市場になるだろう。最先端の国にあるそうした市場はおそらく、こうあるべきなのだろう。巨大で明るく、はっきりと区切ったエリアを持つ市場。観光客がこれ以上、しつこいカメラで市場関係者を邪魔しないようガラス越しの見学者コースも設置されている。見学コースには下からの怒鳴り声も匂いも届かない。コースは広々としていて、ここから有名なマグロの競りを見られる。確かに、ガラス越しで数メートル上からだが。だが制限は一切ない。どうぞ来て観てくださいというわけだ。以前の築地市場では希望者の殺到と日本基準では「行儀の悪い」行動が原因で、観光客の入場人数とシーズンに制限が課された。

  • 豊洲新市場
    豊洲新市場
    © Sputnik / クセニヤ・ナカ
  • 豊洲新市場
    豊洲新市場
    © Sputnik / クセニヤ・ナカ
  • 豊洲新市場
    豊洲新市場
    © Sputnik / クセニヤ・ナカ
1 / 3
© Sputnik / クセニヤ・ナカ
豊洲新市場

「これが市場ですって!こんなに大きくて、どこにいるかもうわからない」エスカレーターで3階に登りながら、2人を連れた中年の女性が話す。

「市場じゃなくて、巨大なスーパーみたい。フィッシュモール?」と乳母車を引く若い父親も同様の見方を示す。

「すいません、ここで魚が買えるようになるのはいつですか?」こうしたナイーブな質問に、市場関係者は丁寧だが疲れた、暗記した答えを返す。答えは非常に簡潔だ。「できないんですよ。買うにはバイヤーにならないと」

魂は壊せない?

それでも、いつか豊洲でも生命が沸き立ち、何も疑わない観光客をその流れに捉え、自らに従わせつつ予期せぬ発見を与えるかもしれない。築地市場でそうだったように、騒がしくて荒っぽい、少し危険で魚と海の香りがする何かで。太陽光パネルを屋根に設置し、目的不明な散歩ゾーンを5階に設えたプラスチックの新築の建物は、「東京のキッチン」から最も大切なものを持ってきたような気がするからかもしれない。それは築地の魂。転居の際に、古い靴に入ったスラヴの家の精霊ドモヴォイを持っていくように。

レストランは別のエリアに移った。全てが新しく、それぞれの前には顧客からの開店祝いとしてコチョウランが飾られている。ここでも築地同様、小さな寿司屋、行列、人々、ショーウインドーがある。

小さな寿司屋の周りの観光客用の場所には3人の料理人がいた。前代未聞の光景だ。3人は全員、大きな声で笑っている。

「調子はどうかって?全部最高だよ!もう閉店だ。以前通り働いて、正午までだよ。今日が1日目だ。お客さんもやって来る。売上はまだ数えてないけど、確実に言えることは、順調だよ!みなさん、築地から私たちのためにここに来てくださって、ありがたいです」と3人で最も饒舌な男性が語る。

訪れた人が生きた市場を垣間見れるもう1つのエリアは3階だ。ここには築地でやや軽蔑的に「築地場外」と呼ばれていた店がある。彼らは米やわさび、鰹節に加え、Tシャツやお土産、日本刀を扱う。観光客、特に外国人が好むもの全てというわけだ。新鮮な魚介類以外だが。

「もう閉店ですので、次回また来てください。今日は1日目で、大わらわ」と鰹節屋の女主人が嘆息する。60歳とも90歳とも見えるこの女性は「5時までってどういうこと?ちょっと、こんなこと聞いてた?」と店の奥で叫ぶ。サイトには市場の営業時間が朝10時から午後5時だと記載されていると知ったのだ。「いつも通り働きます。朝早くから正午まで。いつもそうだったように。私たちのところ、築地ではね」と背筋を伸ばし、突然発露した誇りを持って彼女は述べる。

豊洲市場は11日、市場関係者向けに正式オープン。13日から一般人も利用できるようになった。専用デッキでマグロの競りを見学できるのは来年1月15日から。

クセニヤ・ナカ

タグ
食事, 食べ物, 食料, 食生活, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント