15:25 2019年10月23日
石油

北朝鮮にはよく組織された密輸がある

© Flickr / Sergio Russo
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 55
でフォローする

アメリカインド太平洋軍の司令官、デービッドソン海軍大将は記者会見で、北朝鮮による石油と石油製品の密輸追跡に更なる力を注ぐと約束した。

スプートニク日本

この記者会見では北朝鮮への石油製品密輸を哨戒機で追跡した結果に関する機密諜報報告書の一部が発表された。2017年10月から500回の哨戒機航行が行われ、東シナ海と南シナ海をはじめとする公海上で北朝鮮のタンカーに石油と石油製品を積み替える「瀬取り」30件が確認された。この作戦には日本の飛行機も参加。2018年5月には日本のP-3哨戒機が上海から218海里離れた地点で「中国旗に似た」旗を掲げる船から北朝鮮船舶に石油が積み替えられた現場を押さえた。

デービッドソン司令官は瀬取りのケース全てを発見するため哨戒機を5割増やすことを約束した。

北朝鮮の密輸は世界的に憤慨とともに報じられている。だが、海上輸送の制限(制裁や海上封鎖)が設置されるところではどこでも、密輸業者がすぐに現れるというよく知られた事実が忘れられている。制裁により年50万バレルもしくは6万7千トン以下の石油輸入制限に直面した北朝鮮が、密輸に走らないという考えは甘すぎるだろう。

国連のデータによると、石油と石油製品の密輸はよく組織されている。北朝鮮のタンカーは偽名を使い、貨物船に見えるような偽装を船に施している。船の識別番号、位置、針路、速力などを伝える自動船舶識別装置は停波しているか、誤った情報を伝えている。北朝鮮タンカーに石油を積み替える船舶は石油積替え用に改造した漁船であることが多い。密輸の総量は明らかではない。

国連は今年初め、89件の石油密輸を、アメリカインド太平洋軍は2017年10月から30件の密輸を伝えた。米情報機関は、148件、量にして80万〜140万バレル(10万7200〜18万7600トン)の密輸があったとするが、証明は難しいだろう。

いずれにせよ、北朝鮮は石油と石油製品密輸により状況を大きく緩和していることが分かる。

北朝鮮が密輸に支払う代価は何か?韓国が2018年に行った調査によると、北朝鮮は石炭、成形木炭、鉄を密輸出している。一部の韓国国民は2017年、北朝鮮産の石炭を8万1900トン、成形木炭を4100トン、鉄を2千トン、額にして計1240万ドル分購入した。これは氷山の一角に過ぎない。だがこの数字は北朝鮮が密輸出から多くの収益を挙げていることを示す。

北朝鮮は国内で製造するソ連系の兵器と弾薬密輸出から大きな収益を得ていると仮定することもできる。実包や手榴弾、対戦車擲弾RPGといった弾薬はコンパクトだが価値ある高価な商品だ。例えば、AK-47自動小銃の実包ひと箱(2160個)の重さは22キロだが、輸出する際の価格は1480ドル(約16万円)だ。100万ドル相当の実包は675箱分で、重さ14.8トン。こうした貨物は漁船や小型貨物船、潜水艦にさえ容易に積載可能だ。兵器や弾薬を入れた箱は洋上での船舶間のやり取りが容易だ。ソ連型の兵器は世界に多くあり、戦争で広く使われている。そのため弾薬が常に必要であり商品は良く売れる。

制裁はこのように、北朝鮮に密輸出入を強いる。この密輸出入はより危険な形態を帯び、世界における不安定化の促進に大きく貢献している。

タグ
経済, 石油, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント