12:25 2019年04月19日
サムライ ノブナガ

舞踊「サムライ ノブナガ」モスクワ上演  理解の壁も喝采で幕【動画】

© 写真: State Kremlin Palace
オピニオン
短縮 URL
リュドミラ サーキャン
0 51

「予想外に素晴らしかった。」1月24日と25日の両日にモスクワのクレムリン宮殿で上演された舞踏劇「サムライ ノブナガ」を多くの観客はこう高く評価した。公演は15〜16世紀の日本の史実にもとづいたもので、武将の織田信長が天下統一を決意するストーリー。

スプートニク日本

「サムライ ノブナガ」は、クラッシックバレエと東洋の舞い、そして日本舞踊からなる作品で、藤間流日本舞踊家の藤間蘭黄氏と元ボリショイバレエのソリストで、現在はロシア国立ブリヤートオペラ・バレエ劇場の指導者である岩田守弘氏、そして、世界的に有名なダンサーでマリインスキー劇場の元代表であるファルフ・ルジマートフ氏による共同の努力の成果に他ならない。作曲と作調は、梅屋巴氏と中川敏裕氏が担当した。

各ソリストが自身の技能を披露する第1部では、岩田守弘氏に万雷の拍手が寄せられた。岩田さんは、ロシアの国民的英雄で死後もなお1月25日に誕生日が祝われる歌手のウラジミール・ヴィソツキーに踊りを捧げた。

バレエ自体には字幕による説明が付いた。字幕なしでは、観客たちは、まるで暗号のような各シーンをほとんど理解できなかっただろう。しかし、侍の複雑な歴史を理解していない人でも、ダンサーの才能に対する賞賛を与えずにはいられなかった。そのことは、舞台終了時にスプートニクの通信員によって行われたアンケート調査で明らかだ。

アンケートには次のような声が寄せられた。「素晴らしかった。そして3人のダンサーは賞賛に値する」、「ヴィソツキーに踊りを捧げてくれてありがとう、岩田さん」、「バレエの内容を理解するのは難しいですが、ダンスはものすごくよかった」、「ロシアと日本の文化は互いに大きく異なるが、このバレエでは2つの文化の融合が成功した。」

藤間蘭黄氏、ファルフ・ルジマートフ氏、岩田守弘氏
© Sputnik / Evgenia Novozhenina
藤間蘭黄氏、ファルフ・ルジマートフ氏、岩田守弘氏

岩田守弘氏はツアーの最後に公式ブログに次のように綴った。「信長ロシア公演が、無事終了した。ペテルブルク、ウラン・ウデ、モスクワの三都市六公演。全ての公演は、満員の会場、そして全ての公演は例外なく拍手大喝采で終えたのでした。」

「サムライ ノブナガ」は、日本とロシアの相互交流年の枠組みで上演された。交流年の文化プログラムは2019年6月まで延長される。

タグ
芸術, 文化, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント