09:02 2019年03月20日
モスクワのサクラ祭モスクワのサクラ祭

ザギトワ、日本の好きな町を語る モスクワのサクラ祭に参加【写真】

© Sputnik / Kristina Savitskaya © Sputnik / Kristina Savitskaya
1 / 2
オピニオン
短縮 URL
リュドミラ サーキャン
露日交流年 (52)
0 81

モスクワで2、3両日、ロシアにおける日本年に合わせ日本の各地域をテーマに「サクラ」祭が開催された。日本文化と都道府県の特色理解の促進を図るイベントだ。特別ゲストとして平昌冬季五輪フィギュアスケートの金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手と飼い犬のマサルが登場した。フェスティバルを訪れ、参加者からインタビューを取ったスプートニク特派員が、イベントの感想を伝える。

スプートニク日本

モスクワでは何度も日本文化フェスティバルが開かれている。今回もまたいつも通り、多くの人を集めた。北海道、茨城、新潟、鳥取、山口の5道県をテーマにした各スタンドには行列が並んだ。イベントでは名産品を知り、ダンスや和太鼓の演奏、茶道や生花教室、そして料理ショーや日本伝統の遊びなどを鑑賞できた。

スター選手であるザギトワ選手は特別ゲストとしてフェスティバルに参加。訪日回数は5、6回だと語った。一番記憶に残ったのは五輪前、およそ一ヶ月の間トレーニング場になった新潟だと明かした。ザギトワ選手はその間、街を散策し、人々の暮らしぶりを目にして、日本の自然の美しさを楽しむことが出来た。最も予想外で印象的だったこととしては、日本の寿司がロシアで出されるものとは大違いだったことを挙げた(編注:魚の鮮度だけでなく、調理方法も異なる)。

  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
  • モスクワのサクラ祭
    モスクワのサクラ祭
    © Sputnik / Ludmila Saakyan
1 / 6
© Sputnik / Ludmila Saakyan
モスクワのサクラ祭

フェスティバル開催前日、沖縄からのチームがモスクワ音楽院の生徒にワークショップを行った。そこでチームリーダーの石原昌文氏がスプートニクに、モスクワ訪問について語った。

沖縄からのチーム
© Sputnik / Kristina Savitskaya
沖縄からのチーム

「『サクラ』イベントがあるのでモスクワに行かないかという話が来て、みんな『やった!』と、とても楽しみにして、四ヶ月前から準備してきました。いつもは7人体制です。ですがモスクワに行くんだから、琉球舞踊、空手、和太鼓、エイサーで一緒に行こうとなり、スペシャルチームを作りました。私たちはいつも楽しく、今日もバスの中でみんな大笑いして、歌って三線を引きながら来ました」

「(私たちは)全員が沖縄出身です。沖縄と日本本土は今はほとんど同じです。昔の文化は違いますけど、もう今、日本(本土)の人も沖縄の文化を勉強しているので、同じです。コラボレーションですね。とは言え、奥深くのものは全然違います。琉球と日本は違います。違いますけども、今は若い人たちも日本人だと、同じだということで、力を合わせて頑張っています。しかし、やっぱり奥深いところは違います。メンタリティも音楽も文化も違います。その点はみんな、納得して付き合っています」

沖縄からのチーム
© Sputnik / Kristina Savitskaya
沖縄からのチーム
沖縄からのチーム
© Sputnik / Kristina Savitskaya
沖縄からのチーム

日露交流年は今年春までの期間で昨年スタートした。その他イベントに関する詳細はスプートニクの特別トピックからご覧いただけます。

トピック
露日交流年 (52)
タグ
文化, マサル, アリーナ・ザギトワ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント