19:26 2019年05月25日

「秘密はない」 プーチン大統領、正恩氏との会談を評価

© Sputnik / Alexey Nikolsky
オピニオン
短縮 URL
アンドレイ イルヤシェンコ
金正恩氏の初のロシア訪問 (24)
292

25日、ロシア極東ウラジオストクで露朝首脳会談が開かれた。今のところ、プーチン大統領が会談後に行った記者会見から内容を推し量るしかない。会談で文書の締結はなかった。

スプートニク日本

プーチン氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は初会談。プーチン氏は記者会見冒頭、正恩氏について「かなり興味深い、中身のある対話相手」とやや控えめに描写した。会談を1度も開かなかったときの露朝関係における穴は塞がった。だが、2人の間に「ケミストリー」が生まれたか、馬があったかは明らかではない。現在は様子見のようだが、会談が2時間に及び、予定時間を2倍上回ったことから、会談は非常に具体的な内容に及んだとうかがえる。

次の重要事項は、記者会見のドラマツルギーから判断すると、非核化問題だ。

プーチン氏は、ロシアが完全非核化を支持しているとはっきり述べた。そのうえで、この問題解決のため、北朝鮮には国際的な安全保証が必要で、ロシア政府は保証する用意があると続けた。

プーチン氏はまた、米国を害するため露朝関係を利用するつもりはないと改めて述べた。米朝関係の仲裁役を果たしたいとして、プーチン氏は「この問題と今日の会談を米指導部と協議していく。ここに一切隠し事はなく、ロシアの立場は常にオープンで、陰謀は一切ない」と指摘した。一方で、露朝会談で次の米朝会談や、そもそも会談が行われるかを話し合ったかとの質問には直接的な回答を控えた。 

さらに重要なことは、プーチン氏が見るところ、北朝鮮を交えた六者会合も北朝鮮の安全保証メカニズム策定のため「非常に需要がある」。つまりプーチン氏は朝鮮半島問題で、日本など北東アジアの全諸国との連携を目指している。

続けてプーチン氏は、北朝鮮をめぐる情勢正常化に向けた最重要ファクターとして、経済協力に移った。

朝鮮半島縦断石油ガスパイプラインや電線路、鉄道運用などに言及。「私の見解では、これらや類似プロジェクトが実現されれば、重要な問題の解決に不可欠な信頼向上に向けた不可欠な条件を構築するだろう」との見方を示した。

会談の結果について、北朝鮮側からの声明は一切ない。

おそらく今回の会談は、比較的受動的な観察期間を終えて、プーチン氏が北朝鮮問題解決への活発な関与を決めたことを示している。これは、地域諸国とロシアの関係において重要な要因になる。

プーチン氏が正恩氏と会談するなか、側近のニコライ・パトルシェフ連邦安全保障会議書記が韓国のソウルで安全保障問題に関する協議に出席したことは注目に値する。

プーチン氏は会談後、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関するフォーラムに出席するため、北京に出発した。露朝首脳会談について、26日にフォーラムの場で予定する習近平国家主席との2国間会談で話し合うことは明白だ。

近いうちに、トランプ米大統領にも会談内容について共有されるだろう。

このテーマに関する安倍首相との連携については明らかではない。

関連ニュース

初のプーチン大統領と金委員長の会談、日露の専門家はどう見た?「日本も急いで首脳会談を」「露朝はウィンウィン」

トピック
金正恩氏の初のロシア訪問 (24)
タグ
金正恩, ウラジーミル・プーチン, ロシア, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント