11:08 2019年06月18日
ビットコイン(アーカイブ写真)

1万ドルに向かって ビットコイン上昇の原因を専門家が解説

CC0 / Pixabay
オピニオン
短縮 URL
マリアム バグダサリャン
0 01

最も人気のある仮想通貨、ビットコインがこの2週間でほぼ1.5倍に上昇して9000ドル台に乗り、1年ぶりの高値を付けた。スプートニクの取材に応じた専門家らは、市場からのニュース、大型投資家の復帰、世界的な不安定性が価格急上昇を促進したと述べた。

スプートニク日本

シンガポールの仮想通貨取引所「Huobi」ロシア支所のアンドレイ・グラチョフ所長は「現時点、仮想通貨市場は安定した上昇傾向にある。この動きは今年秋の終わりまで保たれて伸びていくだろう」と述べた。グラチョフ氏によると、ビットコイン価格は今年中に2万5千〜3万5千ドルに到達しうる。

アナリストはまた、仮想通貨産業のニュースに対して投資家たちが肯定的に反応したことと仮想通貨の記録的な上昇を関係づけた。こうしたニュースには、サムスン電子が電子決済サービス「Samsung Pay」に仮想通貨サポートの導入を検討しているというニュースや、米情報通信大手AT&Tがビットコイン支払いに対応したというニュースがある。

もう1つの理由になったのは、米中貿易戦争や米連邦準備制度の利上げに対するレトリックの緩和といったマクロ経済的な不確実性と地政学的な緊張だ。また、ビットコイン価格上昇の新たな波は世界的な原油価格の急落に続いた。5月20日から27日までの1週間でブレント原油価格は5ドル近く下落し、3月末以来初めて、1バレル=67.5ドルに近づいた。これは全て、投資対象の代替資産としての仮想通貨需要を高めた。

分析機関「ビジネスドロム」の代表でロシア下院のデジタル経済に関する専門家パネルのアルセニー・ポヤルコフ氏はこうした見解を支持。「ビットコイン価格にはグローバル化の経済プロセスの質といった基本的な要因が影響しているとの仮説がある。グローバル化が順調にいけば、諸国は国境を開き、対話に参加し、ビットコインは下落する。貿易戦争が始まれば、主にこれは米中貿易戦争に関するが、ビットコインは上昇を始める。今回のビットコインの上昇はこの理論に当てはまり、1週間以上8000ドル以上を維持し、ビットコインはまもなく9000ドル台で変動すると思われる」との見方を示した。

DAS Index社のトレーダーでアナリストのイリーナ・ユルコワ氏も、フェイスブックが独自ステーブルコインをローンチする計画だというニュースが、ビットコインの上昇の大きな一因だと述べた。「世界的なSNSの巨人による、仮想通貨をサポートして支払手段として利用する計画だとの発表は、仮想通貨に懐疑的な態度を取っていた人全ての気分を正反対の方向に変えた」と指摘した。

「市場が再び成長しており、私たちはビットコインと仮想通貨全体で次の世界的なラリーの目の前にいると今は堂々と述べることができる。現在の上昇について言うならば、私たちは8000ドルの強固な抵抗レベルを克服し、同様に重要な心理的な節目である1万ドルに向かっている。この節目を克服すれば、市場全体で再び熱狂状態を引き起こし、もちろん、再び2万ドルまで垂直上昇する可能性もある」

ユルコワ氏はしかし、夏季は通常、投資家の活動が低まるため、ビットコイン価格の大幅増は期待すべきではないと続けた。ユルコワ氏は、2020年には2万ドル台に到達する可能性もあると見る。

関連ニュース

タグ
経済, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント