06:55 2019年08月20日
Трамп в Китае

中国は貿易戦争に勝利するためにアメリカ製品を拒否できるのか?

© AFP 2019 / NICOLAS ASFOURI
オピニオン
短縮 URL
0 83

中国はアップル、テスラ、ボーイングのビジネスを極めて困難にする可能性があると、フォーブスが伝えた。中国は今のところ、アメリカ側の攻撃的な関税制裁に対して「重火器」は使用せず、程度類似した報復措置にとどめている。対抗関税を適用し、信頼できないアメリカ企業の「ブラックリスト」を作成するにとどめているのだ。しかし、北京にはアメリカに打撃を与えることのできるジョーカーがあるのだ。

スプートニク日本

中国が公表した貿易戦争白書には、中国はアメリカとの対立を望まないが、それと同時に、貿易戦争を恐れはせず、必要な場合には、最後まで戦う用意があると記されている。白書にはまた、貿易対立が長期化した場合でも、中国は自国経済の健全性を確保するのに十分な資源を有しているとも記されている。北京は当然、貿易戦争が疲弊を招き、中国経済に大きな損失を与えることを認めている。しかし同時に、世界のトップ2の経済大国の戦いに「速戦即決」はなく、アメリカもまた甚大な損失を被ることになる。

貿易戦争が新たな激化の局面を迎える中、習近平国家主席は中国のレアメタル採掘企業を訪問した。世界に何を示唆しているのかは明らかだ。中国は世界最大のレアメタル供給国であり、そのレアメタルがなくては、ほぼすべてのハイテク電子製品が製造できない。中国はアメリカが消費するこの貴重な資源の80%を供給している。アメリカは当然、自国企業に対してチップやその他重要部品の中国への供給を禁止することができる。しかし、中国は、そのチップ製造に使われる原料の供給をストップさせることができるのだ。

中国はレアメタルの輸出禁止に加え、アメリカ国債の売却を開始することもできる。中国はアメリカ国債を大量に保有しており、総額は1兆ドルを超える。中国はアメリカ国債の最大の保有国なのである。これらの国債が一気に売却されれば、価格は暴落し、それにともなって金利は上がる。つまり、アメリカ経済にとっては融資を受けるための費用が高騰し、アメリカ経済は既存の融資モデルに基づいた成長を維持できなくなるのである。

しかし、アメリカに影響を及ぼすもっと簡単な方法がある。フォーブスが指摘しているように、中国は国内市場でiPhone、アメリカの自動車や航空機の販売を禁止することができるのだ。中国は大多数のアメリカ大企業にとって最大の市場である。アメリカの投資企業Cowenの試算によると、中国市場でのiPhoneの販売禁止はアップルの収益を26%押し下げる。ボーイングは民間航空機の売上の25%を中国から得ている。フォーブスが書いているとおり、ゼネラルモーターズの自動車が中国の税関で「止まって」しまった場合、同社がどうなるのかを考えると恐ろしい。

これまでの例から言って、中国の消費者は必要とあらば、外国製品の不買を行うことで知られている。領土問題で中国と日本の対立が激化したとき、中国人は日本の製品とサービスに対するボイコット運動を積極的に支持した。寿司店からは客が消え、ソニーなどの日本の電子製品メーカーのショップは損失を被った。中国人の中には自分が所有している日本製の自動車をおおっぴらに廃棄した人さえいた。韓国が自国にミサイル防衛システムTHAADの配備を決めたときには、愛国主義的な中国人が韓国への渡航をボイコットした。それによって、中国から韓国への観光客数は60~70%縮小した。それまで韓国のインバウンド観光で中国がトップクラスにあったことを考慮すると、韓国が中国のこの行動を両国関係史上最大の経済制裁と呼んだのも納得だ(誰かが公式に発動した制裁ではないが)。

現在も、中国が公式にアメリカ企業を自国市場から締め出すことはあまり考えられない。対外経済貿易大学中国WTO研究院院長の屠新泉氏はスプートニクのインタビューで、中国は市場の原則に従って活動しており、企業の法的利益を守っていると語る。

「中国が自国市場からの締め出しを行ったり、アメリカの製品やサービスを拒否したりするとは思いません。中国はこれまでに何度も、中国に進出している外国企業の投資と法的利益を保護すると強調しています。私たちは信頼できない外国企業のブラックリストを作成しましたが、この措置はあくまでアメリカとの貿易戦争における一定のプロセスに対するものであり、市場ルールと契約に違反し、部品の供給をブロックし、中国企業の法的利益を害している一部企業に対するものです。現在、FedExがこのリストに掲載される可能性がありますが、それは同社が中国で活動を禁止されるということを意味するのではなく、おそらく、何らかの違反金を課されるだけということになるでしょう。中国に投資し、自らも貿易戦争で苦しんでいるテスラやアップルのような企業に対しては、製品供給が完全禁止される可能性はおそらくないでしょう。ただ「白書」は、貿易戦争における中国の姿勢を説明し、中国を擁護しなければなりません。というのも、アメリカは、交渉決裂は中国のせいだと非難しているからです。白書には、むしろアメリカ自身が何度も交渉で姿勢を変えてきたことが明記されています。白書は、交渉決裂が中国のせいではないことを世界に示さなくてはなりません。それにもちろん、白書は一定の線引きを行い、中国がどのような状況であっても絶対に同意できない要求とは何なのかをはっきりさせ、履行できない要求をわざと突きつけた上で、交渉を決裂させたといって中国を批判すべきではないことを記しています。」

中国政権は、中国にいる顧客の法的権利と利益を損なった疑いのあるアメリカの物流会社FedExの捜査を開始した。中国側によると、FedExは中国の購入者に届けられる小包の配送条件に違反し、彼らの権利を著しく侵害し、アメリカの商品配送サービス業を規制する法令に違反したという。FedExに対して具体的にどのような制裁が科されるのかは、まだ伝えられていない。中国の「ブラックリスト」に掲載された他の企業がどうなるのかも不明だ。中国の商務大臣はこれらについて後ほど発表すると約束している。

しかし、たとえアメリカ企業に対して正式な制裁が科されなかったとしても、評判失墜はビジネスにとって大きな痛手だ。すでに中国では多くの有名人がiPhoneの不買や、華為技術(ファーウェイ) のスマートフォンへの乗り換えを宣言している。中国の一般のSNSユーザーはこの動きを積極的に支持している。ネット上では、アメリカとの貿易戦争によってプライベート生活がうまくいくようになったファーウェイの従業員のストーリーが大きな人気を博している。この従業員の彼女は、今後は決して喧嘩を仕掛けたりせず、彼が自宅で快適に過ごせる環境を作ると約束したのだ。それも、ファーウェイの発展とアメリカへの勝利のために、彼が仕事に集中できるようにとの配慮なのだ。

タグ
中米関係, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント