18:57 2019年09月21日

「みつばち」から福島青年管弦楽団まで  日本人チェリストの谷口賢記氏のインタビュー

© 写真 : 谷口賢記さん
オピニオン
短縮 URL
筆者 :
0 30
でフォローする

世界中でコンサートを行い、福島青年管弦楽団で指揮をとり、クロスカルチャー・プロジェクトを実施し、科学と芸術の橋渡しをする谷口賢記さん。彼の中にはエネルギーと創造力が湧き出ている。スプートニクには大阪でのコンサートを終えた谷口賢記さんに話を聞き、福島青年管弦楽団の設立が楽団員の人生のターニングポイントになった経緯や、ロシア人作曲家が自身に与えた影響などを尋ねた。

スプートニク日本

谷口賢記さんは福島青年管弦楽団が4月にロンドンのクイーンエリザベスホールで行ったコンサートの指揮者の一人である。複数の権威あるコンクールで入賞している谷口さんは、さまざまなオーケストラと協力し、教鞭をとり、アルバムをリリースし、世界中でコンサートを行っている。若い頃には、京都大学大学院理学研究科にてミツバチの体内時計に関する研究を行い、修士課程を修了した。音楽にも科学にも関わったことがArts meet scienceプロジェクトを立ち上げるきっかけとなった。

スプートニク:子どもの頃はピアノをやっていらして、その後チェロに熱中され、今は指揮者をやっておられます。この3つをどのようにして両立させているのですか?

谷口さん:ピアノは4歳から始めて、レッスンを受けたのは10歳までですが、その後も好きでずっと弾いていた。大学に入り、下宿をして、ピアノが置けなくなり、ひとつの区切りなので、新しい試みを始めようと思って、学生オケでチェロを始めました。大学生活では理学部だったので、サイエンスをしながら、学生オーケストラを楽しもうと思った。サイエンスはサイエンスで「みつばちの体内時計」に関する研究は楽しかったのですが、音楽を追究したいという気持ちもあった。その時の指導教官と話をして、修士課程できちんと修士論文書いて、マスターを取ってから、音楽の世界に来ました。その後、ボストンに留学して、チェロの専科に入って、まあ、そういう経験があったので、日本に帰って、東京ではゼロからのスタート。今は、お陰様で、いろいろな活動をさせていただいています。例えば、個人レッスン、室内楽の企画、その他色々、東京フィルハーモニー交響楽団などプロフェッショナルの交響楽団などにも出演させてもらっています。この3年くらい、指揮というのが登場した。そのきっかけは、友人の指揮者がアマチュアのオケの指導をしていて、練習できないときに、代わりに見てやってくれない、と頼まれたのです。

福島青年管弦楽団の楽団員は人生のターニングポイントになったと 語っていますが、この管弦楽団について教えてください。

谷口さん:福島の青年管弦楽団というのは、イギリスのNPO法人「Keys of change 」とギリシャ人のピアニスト、パノス・カラン が世界のあちこちで、子どもの社会性を高めようという活動をしているんですが、東日本大震災の直後、パノス・カランが単独で福島に入って、ピアノを通して被災した子どもたちとの交流をしました。それがきっかけで、3年くらいたってから、福島青年管弦楽団というオーケストラに発展した。青年管弦楽団の人々は福島、郡山の人々で、メンバーの中には、本当に津波でピアノがなくなってしまい、弦楽器を新しく始めた人もいます。直接ではなくても、福島というだけで、いろいろ乗り越えていかなければいけないものを背負っている。そういう人たちだからこそ、希望に向かって頑張っているんだということを世界に向けて発信できるというのが彼の考え方で、そういうコンセプトでやっています。すでに、ロンドンのクイーンエリザベスホールやボストン、ベトナム、東京のサントリーホール、オペラシティなど、あちこちで、海外公演をしています。今、5年ですが、来年も何かやろう、ということで、私もどういう形になるかわかりませんが、何か関わるつもりです。

谷口賢記さん
© 写真 : 谷口賢記さん
谷口賢記さん

スプートニク:Arts meet scienceプロジェクトはどのようなプロジェクトですか?

谷口さん:東京芸術大学のプラットフォームで今やっていますが、イメージとしては、1900年くらいのウィーンの街には「サロン」という場所があり、芸術家や留学生、医者などが気楽に集まって、世間話をする場所が存在していた。その当時のウィーンの文化レベルが飛躍的に上がった時代です。そういうイメージです。今の日本の社会では、良くも悪くもすごく細分化されてしまっています。サイエンス、メディカルなどは、他の芸術家に触れる機会がない。いろいろな見識を持つ幅広さが、これからすごく大事になってくる世の中なので、音楽家が医学を理解するのを目的としているのではなく、接点をつくることで、全然違うジャンルの、例えば、学生やプロフェッショナルなどのレベルで交流を持つことで、新しいエネルギーが生まれるのではないかと期待して始まった。自分が知らない分野に興味があったが、実際そういう人たちと話す機会がなかった人たちが、ものすごく盛り上がっています。

スプートニク:あなたのコンサートではロシアの作曲家が演奏されることも少なくありません。ロシアに行ったことはありますか?もしなければ、ロシアで演奏したいと思いますか?

谷口さん:ロシアに行ったことがないのです。普段、チャイコフスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、ボロディンなど、いろいろ演奏する機会はあります。曲を通して、強い精神力がありながら、どこかに温かさがあると感じます。ロシア音楽というくくりにはしたくないのですが、なんとなくそういう印象があります。食べ物、言葉、すべてを含めた文化の中で音楽はできているので、必ずその影響はある。演奏するときは、少しでも、そのエッセンスを知りたいということがあります。一番早いのは、ロシア人の方と一緒に演奏させていただいたり、ロシアに行ってその土地、文化を知ること。そうすることで自分がロシア音楽を演奏するときにも変わってくるのではないかと思う。これまでは、チャンスがなかったのですが、いつか機会があればと思います。

タグ
福島, 音楽, 文化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント