01:54 2019年11月20日
ウドムルト共和国週間

ザギトワの故郷、ウドムルト共和国の美味しいもの:ブラノヴォ村のおばあちゃんも待ってます【写真】

© 写真 : Russian Gastro-Map
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 100
でフォローする

7月30日、モスクワにおける「ウドムルト共和国週間」がスタートした。ロシア連邦の構成主体のひとつ、ウドムルト共和国は、フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手の生まれ故郷であり、2012年に世界的歌謡コンテスト「ユーロビジョン」で準優勝したことで一躍有名になった民族音楽グループ「ブラノヴォ村のおばあちゃんたち」が住んでいるブラノヴォ村がある場所でもある。

ウドムルトという名前に聞き覚えがないため、なんだかとても遠そうな感じがするが、ロシア的感覚で言えば、移動に問題はない。モスクワから共和国首都のイジェフスクまでは飛行機なら2時間弱。夜行列車でも一泊と、小旅行には最適である。イジェフスクからブラノヴォ村までは25キロと、やはり気軽に行ける距離だ。

ウドムルトの食文化、モスクワっ子は知らない「ペリペチ」

7月29日、モスクワシティの絶景レストラン「Ruski」で行なわれたウドムルト共和国週間の前夜祭には、アレクサンドル・ブレチャロフ首長(知事職に相当)がエプロン姿で登場し、ブラノヴォ村のおばあちゃんたちと一緒にウドムルトのソウルフード「ペリペチ」を焼いた。ペリペチは手のひらサイズのミニタルトのようなもので、具はじゃがいも、肉、野菜など、色々なバージョンがある。

ウドムルト料理は、一般的なロシア料理とはだいぶ違っている。この日は、発酵キャベツとレバーを使った冷製スープ、ライ麦粉を使ったウドムルト風クレープ「タバニ」、アイスクリームがのったおかゆ、カワカマスのカツレツ、野生イノシシの肉、ヤギのミルクを使ったプリン風デザートなどがふるまわれた。ただ、これらのメニューはシェフのアレンジが加わっており、普段おばあちゃんたちが食べているのは、よりシンプルなものである。

  • ペリペチ
    © 写真 : Russian Gastro-Map
  • アイスのせおかゆ。おばあちゃんたちによれば、普通はアイスはのせないらしい
    © 写真 : Russian Gastro-Map
  • カワカマスのカツレツ
    カワカマスのカツレツ
    © 写真 : Russian Gastro-Map
  • 野生イノシシの肉。ロシアはジビエの国だ
    © 写真 : Russian Gastro-Map
  • クランベリーで飾られたヤギのミルクのプリン
    クランベリーで飾られたヤギのミルクのプリン
    © 写真 : Russian Gastro-Map
  • ブレチャロフ首長(中央の黒いエプロン)とおばあちゃんたち
    ブレチャロフ首長(中央の黒いエプロン)とおばあちゃんたち
    © 写真 : Russian Gastro-Map
1 / 6
© 写真 : Russian Gastro-Map
ペリペチ

おばあちゃんたちの生活は?教会内に老人ホーム

グループ最年少でリーダーを務めるのは、オリガ・トゥークトレワさん。オリガさんは、「奇跡が起きて私たちが有名になったことは、とても責任のあることだと考えています」と話す。もともとは、ブラノヴォ村の教会再建のためにステージに立つことを決めたおばあちゃんたちだったが、教会はほぼ再建され、教会併設の老人ホームまで開設する予定だ。村には一人暮らしの高齢者が多く、そういった施設の需要がとても高まっている。おばあちゃんたちの努力を見た行政当局も、道路や文化センターの建設を行なうなど側面支援している。オリガさんは「年齢に関わりなく、誰かに必要とされていることは素晴らしいことです。自分が必要な存在なのだと感じられれば、よりたくさん、より良いことをしたいという気持ちになります」と言う。

おばあちゃんたちはみんな、自然への特別な愛情を感じており、花や木、動物と会話を交わし、自然と共存している。そして有名人になっても、じゃがいもを植えたり、牛やヤギ、ニワトリなどを育てたりする自給自足の生活スタイルは変わらない。元ソフホーズの会計士だったアレフチーナ・べギシェワさんは「農作業が忙しくて、なかなか練習時間がとれません。全員で集まれるのは、新曲を練習するときや、イベントの前くらいです」と言う。

© 写真 : Russian Gastro-Map
若手おばあちゃん、オリガ・トゥークトレワさん

ウドムルト人の魅力とウドムルト語

首都イジェフスクでは混血も進み、ウドムルト人よりもロシア人の方が多いが、ブラノヴォ村ではウドムルト人の人口が9割以上だ。ウドムルト人は基本的にとても控え目で、言葉数も少ない。大の働き者で、人生を仕事に捧げてきたおばあちゃんたちにとって、大勢の前でパフォーマンスすることは、自分の中にある壁を克服し、「新しいチャンス」という名のドアを開けることだった。

おばあちゃんたちは「ユーロビジョン」で、ウドムルト語の曲を披露。ロシアが多民族国家であることを世界にアピールした。おばあちゃんたちの孫やひ孫は、学校ではロシア語を使って勉強しているが、家ではウドムルト語で会話している。しかしウドムルト語が消滅の危機にある言語であることには変わりない。

アレフチーナさんは「ユーロビジョンのおかげでウドムルト語に注目してもらえ、若者向けのディスコでも私たちの歌が流れているので、孫・ひ孫の世代はウドムルト語を覚えてくれています。その後は、彼らがどうやってウドムルト語を伝えてくれるのか、ですね」と話している。

ユーロビジョンで準優勝したおばあちゃんたちを出迎えるブラノヴォ村の子どもたち
© Sputnik / Konsantin Ivshyn
ユーロビジョンで準優勝したおばあちゃんたちを出迎えるブラノヴォ村の子どもたち

ウドムルト共和国週間は8月5日まで続く。このイベントはロシア連邦観光局が支援する国家プロジェクト「ロシアの美食地図」の枠内で行われている。スプートニクは今後もウドムルトだけでなく、ロシアの地方都市や田舎の知られざる魅力と名物料理をご紹介していく。

ユーロビジョン2012のリハーサルに臨むおばあちゃんたち
© Sputnik / RIA Novosti
ユーロビジョン2012のリハーサルに臨むおばあちゃんたち

関連ニュース

タグ
ロシア, 文化, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント