12:39 2019年08月23日
ヒトラー

悪魔的な幸運 アドルフ・ヒトラーに対する暗殺未遂の記録

© Sputnik / RIA Novosti
オピニオン
短縮 URL
120

7月20日、アドロフ・ヒットラーを一掃するためドイツ人が反ナチス運動を物理的に取り組み始めてちょうど75年が経過した。しかし、この試みは他の多くと同じように成功していない。ヒットラーの悪魔的幸運をなくそうとするもっとも有名な試みに関して、軍事の専門家で歴史研究家のアレクサンドル・コッツ氏がその資料をスプートニクのために紹介してくれた。


将軍の陰謀

反ナチスのクーデターが企てられたのはまだ1938年のこと。

陰謀を企てた者たちは積極的な外交政治の拒否と、ドイツの用意が整っていない戦争の阻止を求めていた。

有力な将軍らや他の軍、諜報部員らがヒトラーに反対したが、第2次世界大戦の開始まで、陰謀者らは積極的な行動に着手することはなかった。

陰謀の頂点は1944年7月20日のヒトラーの人生に対する失敗した試みだったが、それ以前にいくつかの失敗した試みがあった。


ビヤホールでの爆発

ドイツの反ファシスト主義者ゲオルク・エルザーは1932年の8月にミュンヘンに到着、そこで数週間、熱心にヒトラーが姿を現した地域を調査した。

彼はビヤホール「ビュルガーブロイケラー」を選んだ。

ビュルガーブロイケラー

そこはヒトラーが定期的に訪れている店だった。エルザーは毎日夜になると店に足を運び、閉店までの数分間人目につかないように潜んでいた。深夜に待ち伏せし、柱にハンマーで深いくぼみをつくった。この柱はヒトラーが演説をする際にすぐ近くに立っている柱でここに爆弾を設置した。朝が近づき、彼は裏口からビアホールから出た。

ヒトラー
© Sputnik / RIA Novosti
ヒトラー

しかし、暗殺は失敗に終わった。ヒトラーは爆弾が爆発するまでの7分間でホールから立ち去った。爆発により8人が犠牲となり、63人が負傷した。エルザーは捕まり、銃殺された。


失敗した企て

1943年3月13日、ヒトラーは占領したソ連のスモレンスクに降り立った時、「将軍」の陰謀者の1人であるヘニング・フォン・トレスコウ大佐が飛行機に爆弾を仕掛けた。しかし、爆破物は爆発しなかった。

フォン・トレスコウ氏

1週間後、ルドルフ=クリストフ・フォン・ゲルスドルフ大佐はベルリンで開催されていたソ連機器の戦利品展示会でヒトラーと一緒に爆死するつもりだったが、ヒトラーが時間前に会場から去ってしまった。


英国諜報部員による作戦

1944年、英国の諜報部員が「フォックスレイ作戦」を計画。いくつかのバージョンの1つとしてヒトラーが乗った列車を爆破することが検討された。列車の給水システムにより無味の毒薬での毒殺が考えられたが、この案は使われなかった。また、官邸での朝の散歩中にヒトラーを狙撃する計画もあったが、狙撃手がマスクを被る必要があった。


7月20日 ヴァルキューレ作戦

1943年の8月、陰謀者にクラウス・フォン・シュタウフェンベルクが加わった。

彼はヴォルフスシャンツェ本営でのヒトラーの会議に出席していた。暗殺計画の実行は7月20日に決まった。

フォン・シュタウフェンベルク (左)

シュタウフェンベルクは鞄に爆弾を仕込んで本営にやってきた。雷管を作動させ、ヒトラーが立つことになる場所から数メートルの机の下に鞄を置き、立ち去った。

ヒトラーは、誰かが鞄を移動させたために偶然助かった。

爆発により4人の将校が犠牲となった。ヒトラーも飛び散ったたくさんの破片により負傷し、足の火傷や鼓膜の破損、挫傷、右手が一時的に麻痺した。

ヒトラーのズボン

暗殺の失敗後、陰謀者への本当の狩りが行われた。陰謀に加わった全員が見つけ出され、処刑された。間接照明の下、ステージに吊るされていたという逸話が残っている。

現在ドイツでは7月20日は反ヒトラーのレジスタンス活動で亡くなった人たちを追悼する日とされている。

タグ
歴史, 第二次世界大戦, ドイツ, アドルフ・ヒトラー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント