05:47 2019年12月14日
写真展「日露関係 写真でみる歴史」 テープカット〜フォットセッション

写真展「日露関係 写真でみる歴史」が東京で開幕 あなたが知らない日露関係を詳細な3章で表現

© Sputnik / Denis Korzhov
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
露日交流年 (55)
1131
でフォローする

9月14日、 東京ミッドタウン日比谷で 、近現代史の日本とロシアの交流を伝える貴重な約80点の写真を展示する写真展「日露関係 写真でみる歴史」のオープニングセレモニーが行われた。セレモニーの詳細をスプートニク東京特派員がお伝えする。

本写真展は、 2018年5月から2019年6月にわたり開催された「ロシアにおける日本年」及び「日本におけるロシア年」(日露交流年)の関連行事。写真展は日本大使館の主催でモスクワ(2018年10月-11月)とサンクトペテルブルク(2019年1月-3月)で行われ、今回は日本外務省が東京でも同様に見られるように開催した。

  • 写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者
    © Sputnik / Denis Korzhov
1 / 5
© Sputnik / Denis Korzhov
写真展「日露関係 写真でみる歴史」の観覧者

展示会は両国の関係を「出会い」「対立・協調・戦争」「交流の発展」の3章で表現し、鎖国時代の日本とロシアの両国の初接触から近代までの国民間の交流の軌跡を写真で紹介している。

外務省の宮本哲二ロシア課長が挨拶で語ったように、写真展は幅広い層を対象としており、中立の立場を保ちながら、あるがままの写真を紹介している。また写真のコメントや説明は、情報を出来る限り客観的に伝えるよう、日露双方の専門家の協力を得て書かれている。

「日露交流年は『あなたが知らない日本』あるいは『あなたが知らないロシア』をキャッチフレーズに実施してきました。日露両国は長い歴史を有しますが、実はお互い知らないことが多く、両国の国民間の相互理解が一層深まることを狙い、この交流年を実施してきました。この写真展をご覧になった皆さまが、これを通じてこれまで知らなかった日露の歴史を発見し、日露関係に関心を持っていただけることを願っております」と宮本哲二ロシア課長は語った。

外務省の宮本哲二ロシア課長
© Sputnik / Denis Korzhov
外務省の宮本哲二ロシア課長

宮本哲二ロシア課長はまた、写真の提供者にも謝辞を述べた。貴重な写真は日本側(共同通信など)、ロシア側の双方から提供された。スプートニク通信もそのうちのひとつだ。

スプートニク提供の写真
© Sputnik / Denis Korzhov
スプートニク日本提供の写真

オープニングセレモニーには、俳優のイッセー尾形氏も出席した。イッセー尾形氏は、日露合作映画「ソローキンの見た桜」を通じてロシアをより深く知る機会を得ている。

「今ちょっとザーッと写真展を見たんですけれども、日本とロシアが出会って、戦争があって、共産主義の交流があって、文化交流も色々あって、こういう大きな流れがわかったんですけれども、写真一枚一枚を目を凝らしていけば、もっと想像力で、そんな大雑把な言葉じゃない交流があったんだなとわかることができると思います。是非とご覧になってください」とイッセー尾形氏は述べた。

俳優のイッセー尾形氏
© Sputnik / Denis Korzhov
俳優のイッセー尾形氏

テープカットとフォットセッションがあり、その後、監修者の保谷教授が特別に写真展を案内した。希望者は誰でも、教授の詳しい説明を聴くことができた。

監修者の保谷教授
© Sputnik / Denis Korzhov
監修者の保谷教授

写真展は9月23日まで開催。入場は無料。

関連記事

日露交流年は幸いにも12月に終わらない

トピック
露日交流年 (55)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント