02:57 2019年12月12日
羽生結弦選手

羽生「自分の最高の60パーセントで滑っている」 スケートカナダ男子SPで首位

© REUTERS / Dominique Belanger-Gagne / Dom Gagne-USA TODAY Sports
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
フィギュアスケートGPシリーズ2019・カナダ大会 (26)
0 51
でフォローする

カナダのケロウナで開催のフィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦「スケートカナダ」で男子のショートプログラム(SP)が終了した。予想通り、男子シングルではトップの座をめぐる熾烈な争いは展開されず、羽生結弦選手が余裕で首位を占めている。

羽生選手は記者団からの取材に対し、試合開始前にはかなりの緊張があったことを打ち明けた。  

「今日は緊張してましたがオータムの時から違って。これ緊張するんだなというのが分かっていたのでちょっと安心して。心のテンポを抑えながらできたかな。」

自分のコンディションについて羽生選手は、流ちょうな英語でさらに次のように語っている。

「今は自分の最高の力の60から70パーセントのレベルで滑っています。出された評価のなかには多少がっかりするものがあることも確かですが、新しいシーズンのいいスタートが切れたと思います。」

羽生選手が華麗な舞を見せるたびに観客席からは嗚咽がもれた。羽生のファンたちが泣いているのだ。羽生は、ファンたちのこうした反応は不調の続いた昨シーズンが原因だと説明した。「昨年の試合は転倒続きでした。不調の私にファンのみなさんは本当に心を痛めてくださった。それに本当に僕も、今日、涙を流してくださった方々のことがわかります。僕自身が同じ気持ちを味わいましたから。」


グランプリシリーズ第2戦「スケートカナダ」開催地のケロウナでスプートニク特派員は羽生選手のファンたちにインタビューし、大勢の羽生ファンが詰めかけることが予想されていたケロウナがこれにどう準備したかについて取材した。

© Sputnik / Savitskaya Kristina
スケートカナダ演技時間一覧(日本時間)

フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・カナダ大会 (26)
タグ
フィギュアスケート, 羽生結弦
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント