09:23 2019年12月12日
アリョーナ・コストルナヤ選手 モスクワでのテスト演技

優勝を狙う女子 トリプルアクセルは必須の時代が来る ロシア人監督

© Sputnik / Vladimir Pesnya
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
1111
でフォローする

ロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手はフィギュアスケート グランプリシリーズ第6戦NHK杯のショートプログラム(SP)で85.04点を出し、先の大会で83.97点で世界記録を樹立していた日本の紀平梨花選手を上回り、その記録を塗り替えてしまった。しかもコストルナヤはSPでトリプルアクセルを余裕で跳び、「+3」のスコアを獲得。このトリプルアクセルについて、ボロノフ、コフトゥン、ラジオノワを育てた名監督のインナ・ゴンチャレンコ氏はスプートニクからの独占取材に答え、女子シングルのショートプログラムで高順位を狙おうとするなら、これが跳べなければ無理という時代はそこまで来ていると語った。

トリプルアクセルはウルトラCの得意技

トリプルアクセルはウルトラC級の技とされており、つい最近まで女子でこれが跳べる選手はごく稀だった。ところが時代は変わった。ゴンチャレンコ監督は、今や表彰台を狙う強豪選手を代表する技には、トリプルアクセルと4回転ジャンプはキメの技とされていると言う。

「トリプルアクセルは女子にはあまり好まれる技ではありません。ところがアリョーナ・コストルナヤにとってはジャンプの中でも大好きな技の1つです。おそらくこれを跳ぶのは彼女にとってはあまり難しくないんでしょう。トゥトベリーゼ監督の下で小さな時から上手に跳べるように訓練されていましたし、ジュニア時代に磨きがかけられていましたから。このトリプルアクセルは、近い将来、必ず勝利したいという選手は全員、絶対に好きにならざるをえなくなるでしょうね。どうしてかというとこれをSPで跳べば、フリープログラムに入る前に得点が稼げるでしょう。だから強い選手がトリプルアクセルを目にするチャンスはこれからますます増えていくはずです。」

「あの子は大会の華」

ゴンチャレンコ監督はグランプリシリーズの大会ごとに日本人選手に大きく注目していると打ち明けた。演技を見るのが楽しみで仕方ない、と監督がいう日本人たちは、ジュニアの時代からその成長を追ってきた選手ばかりだ。そんな中に宮原知子選手がいる。宮原はグランプリのファイナル出場は逃してしまった。だがゴンチャレンコ監督は欠場が出た場合、宮原にはまだ出場のチャンスがあると励ましている。

「私はサトコ(宮原知子選手)が本当に大好き。彼女のことはジュニア時代から知っています。私の教え子のエレーナ・ラジオノワと同じ大会に出ることが多かったんです。サトコはものすごい努力家、そしてかなりの才能の持ち主です。残念なことに怪我をおってしまって。でもこないだのグランプリシリーズの中国大会での演技は本当に良かったと思いました。振り付けもふくめ、大きく自己実現できたところを堂々と示しましたよ(銀メダル)。

プログラムはどれも寸劇のように仕立てられていて、彼女がでると大会に華が添えられます。すごいのは2方向に回転できること。ただモスクワでは今一つ決まりませんでした。サトコは少し疲れているように私には思えました。気候の変化に順応しきれなかったのかもしれない。中国からの長旅のせいじゃないでしょうかね。でもね。サトコは絶対にまだ、堂々とした演技を見せてくれるはずです。」

スポーツを芸術に変えたレジェンド

ゴンチャレンコ監督はさらに、毎回、その演技を見るたびに激しい感情に揺さぶられる選手として、羽生結弦をあげた。

「羽生さんのプログラムは非常にエモーショナルです。しかも彼はこれをこの世のものとは思われないレベルで演じ、観る者を文字通り涅槃の境地に誘ってしまう。私は幸せなことにこのひときわ抜きんでた才能の持ち主を宮原知子の時と同様、ジュニアのスタートする13歳からずっと見つめてきました。初めて彼を目にした時の顔つき、コスチュームのディテールまで事細かに記憶に刻まれています。

​リンクに立った羽生は当時はまだロングヘア―で、空色が次第に青へと移り変わるコスチュームを着ていました。彼は見事な3回転半を跳ぶと、美しく身体をしならせ、文句なしに完璧なビールマンスピンを回ったのです。(ビールマンスピンとは、フリーレッグを背後から伸ばして頭上に高く持ち上げ、そのブレードを両手でキャッチした回転。)

女子でさえ、全員が全員、こんな見事なビールマンスピンができるわけではありません。私はすぐにわかりました。この子は最難関のジャンプを跳ぶための最高峰の条件を持っている。それにプラスして、フィギュア選手が文字通り、音楽をひとつの人生として生きぬくことのできる精神性があるということを。」

ゴンチャレンコ監督は羽生結弦はフィギュアの歴史に絶対に消されることのない跡を残したと断言している。監督、そして観客もこのスポーツの生きたレジェンドをこの目で見られるというのは稀有な幸せだと。羽生レベルの選手らはスポーツを真の芸術に変えている。そんな羽生選手と会える日ももうすぐ。NHK杯の後、いよいよグランプリシリーズのファイナルは伊トリノで行われる。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。
タグ
宮原 知子, アリョーナ・コストルナヤ, 羽生結弦, フィギュアスケート, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント