23:28 2020年08月11日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (42)
41712
でフォローする

ダイヤモンド・プリンセス号に乗船し、新型コロナウイルスに感染した2人の日本人が20日、死亡した。死亡者は87歳の男性と84歳の女性で、遺族の要請によりその他の詳細は発表されていない。2人の死亡者のニュースが出される前の時点で日本政府は激しい批判にさらされていた。マスコミは、検疫措置は「失敗」で3700人余りを乗せたクルーズ船は「波間に浮かぶ監獄」、「ダイヤモンド製の罠」とこき下ろしていた。

この状況にさらに輪をかけたのが神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎氏が発信したビデオメッセージ「ものすごく悲惨な状態で、心の底から怖い」の告発だった。岩田さんが日本語、英語の両方で収録した動画は瞬く間に全世界を駆け巡った。日本という国の評判にとっては岩田医師の話が信憑性があるか、否かはもう意味をなさなかった。話の内容があまりにもセンセーショナルだったため、動画はいかなるウイルスも羨むようなスピードで広まってしまった。

もちろん、乗船者たちがSNSに発信してきた厳しい発言も影響している。刻刻と変わる内部の様子が現場から発信されるとあって、世界のマスコミがこれに注目した。

  • ダイヤモンド・プリンセスが停泊している横浜港
    ダイヤモンド・プリンセスが停泊している横浜港
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • 横浜港の大黒ふ頭に停泊しているダイヤモンド・プリンセス
    横浜港の大黒ふ頭に停泊しているダイヤモンド・プリンセス
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • 横浜港の大黒ふ頭
    横浜港の大黒ふ頭
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • 横浜港の大黒ふ頭に来た記者
    横浜港の大黒ふ頭に来た記者
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ダイヤモンド・プリンセスから下船した人々
    ダイヤモンド・プリンセスから下船した人々
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ダイヤモンド・プリンセス
    ダイヤモンド・プリンセス
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
1 / 6
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ダイヤモンド・プリンセスが停泊している横浜港

「今回程度のウイルスなら感染してもいいやぐらいの心境」

「自分が悪くもないことで禁固刑に処せられたみたい。何も理由はないのに私たちはここに人質にとられてる。」米国ではこんな内容の乗客の弁がよく紙面に踊っている。

とはいえ、乗船客の全員が悲観的であったわけではない。

米国が検疫による下船解禁を前に自国民の避難に踏み切った時にそれに反して船内にとどまることを決意した人もいる。その1人、マシュー・スミスさんは「米国政府は自分たちの行動で日本政府の検疫プログラムに穴をあけている」とこれを非難した。

マシューさんはジャパンタイムズ 紙からの取材に「私と妻は船内の検疫体制に満足しています。それに実際、米大使館からの情報を得ていますし、大使館も船内の自室にとどまるのが最適という決定を支持してくれています」と答えている。

ツィッターから船内の様子を発信している「だぁ」さんはスプートニクからの取材に次のように語ってくれた。

「結果論で批判するのが個人的には嫌いなので、今ある批判はどうでもいいですね。自分に直接関係が無いことは興味がありません。確かに最初から全員検査をしたらよかったでしょうし、もっといい方法はいくらでもあったでしょうが、私が決められることじゃないので特に考えもしませんね。これが致死率80%のウイルスであったら、無理矢理にでも船から脱出しようとしたでしょうが、今回程度のウイルスなら感染してもいいやぐらいの心境でした。」

「何が起きているか、本当にわからない」

スプートニクの日本特派員は乗客の下船が開始された翌日の2月20日に、横浜港に来て取材を行った。タラップを降りた乗客らは日本側の代表によって黄色のバスに乗せられ、横浜駅まで送られた。そして駅に到着すると、下車した乗客はまたエスコートされ、地下鉄の改札口まで送られていった。

Пассажиры с лайнера приехали на автобусе к вокзалу Йокогамы (20 февраля)
© Sputnik / Eleonora Shumilova
横浜駅前、船から下船した乗客を乗せたバス

スプートニク特派員はこの後、横浜駅前でダイヤモンド・プリンセス号の状況について街頭取材を行った。

ある若い男性は「(感染症政策には)過ちが多分あったと思いますが、(検疫のおかげで)最低限のウイルスの拡大は防げたかなと思っています。乗客の皆様はかわいそうでしたが、やむを得ないことだったと思います」とコメントした。

一方で、実際に拡大は防げているのか、かなり懐疑的な見方の人も見受けられた。ある男性は、本音を言えば、誰を信じていいかわからないとこぼしている。

「正直に言いますと、時々、何が起きているか、誰を信じればいいか、本当にわからないですね。政府は多分何か隠しているかもしれないけれど、全力を尽くしているだろう。ウイルスが広く流行してしまったら、コストが高すぎるでしょう。誰にとっても望ましいことではないでしょう。でも、なんか大きいミスがあって、それを隠しているとしたらそれは恐ろしい。一方、(岩田)教授の方が動画をこうやってネットに流すのは…。怪しいかな? 事実を言ったか一般人は絶対わからないけれど、そうであったら(教授として)何か違うことができるのではないかなと思います。納得できないです。」

この先、どうなるのか?

世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長を務めた経験のある、地域医療機能推進機構の尾身茂理事長は以前に外国人プレスに対して、一度広まってしまった感染は止めることはできないものの、日本ではまだ伝染病の段階には達していないと語っていた。尾身氏の見解では日本が今、第1に取り組むべきことは感染拡大のペースを緩めさせること、そして死亡率を下げることにある。

「どんな組織であっても、パーフェクトなところはない。日本も例外ではない。今は我々の取り組みは死亡者数を減らすことです。私の触感に言うと、こういうこと(死亡者数を低減させる取り組みへの日本の努力)は後になって評価されるものだと思います。」

日本政府内では、講じた措置は正しかったという主張が声高に続けられている。乗船者の大半は検疫が開始される前の時点ですでに感染していたのだから、というのがその根拠だ。

加藤厚労相は「新型コロナウイルスについて100%分かっているわけではない。ダイヤモンド・プリンセスでかなりの方が感染したのは事実。そういうことを踏まえて、念のため拡大防止に努めてほしいという趣旨だ」と力説している。

尾身茂氏が言うように、後になって日本の新型コロナウイルス対策は正しかったと世界が評価してくれるかどうかは、今後の進展を見るしかない。

トピック
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (42)
タグ
健康, 中国, 日本, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント