21:51 2020年07月07日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 120
でフォローする

27日、ロシア外務省のプレスセンターで、ロシアの文化を伝えるべく、外国人記者たちにマースレニッツァ週間のブリヌイ(ロシア風クレープ)がふるまわれた。この催しはロシア連邦観光局が支援する国家プロジェクト「ロシアの美食地図」の枠内で行われ、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官も参加した。

マースレニッツァはバター祭りとも呼ばれる、ロシアのユニークな伝統で、この期間に太陽の形のように丸いブリヌイを食べるのが慣わしになっている。今年のマースレニッツァは3月1日までで、その後、ロシア正教徒は大斎期間に入る。

イベントには、「黄金の輪」のロシアの古都スズダリや、フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワの故郷ウドムルト共和国など、ロシア各地から著名レストランのシェフらが集い、腕前を披露した。

  • ロシア風クレープ
    ロシア風クレープ
    © 写真 : Asuka Tokuyama
  • ロシア風クレープ
    ロシア風クレープ
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
  • ロシア風クレープ
    ロシア風クレープ
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
  • ドーナツじゃなくてブリヌイです!
    ドーナツじゃなくてブリヌイです!
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
  • 甘く味付けした苔(左)とハチミツ
    甘く味付けした苔(左)とハチミツ
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
1 / 5
© 写真 : Asuka Tokuyama
ロシア風クレープ

オーソドックスなブリヌイや肉入りブリヌイのほか、参加者たちを驚かせたのは、北極圏の都市・ムールマンスクのブリヌイだ。なんと食用の「苔」が入っている。苔をブリヌイの生地に混ぜ込むことで、生地がふくらみ、まるで揚げドーナツのようになる。一応、ドーナツではなく、これも地元ではブリヌイと見なされている。

ムールマンスクの苔
© Sputnik / Asuka Tokuyama
ムールマンスクの苔

ブリヌイのお供に欠かせないのはスメタナ(ロシアのサワークリーム)のほか、ロシア人が愛してやまないハチミツ、野性のベリー類のワレーニエ(ジャムのようなもの)だ。スズダリからはキュウリのワレーニエという変り種も登場。ザハロワ報道官のおすすめは野生のゼムリャニカ(オランダいちご)で作ったワレーニエだ。

ゼムリャニカ(オランダいちご)のワレーニエ
© Sputnik / Asuka Tokuyama
ゼムリャニカ(オランダいちご)のワレーニエ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント