14:30 2020年10月30日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
1221
でフォローする

「Johnny Jump Up」は東京・代官山にある独特の雰囲気を持つ小さな店。ここにはソ連時代のチェブラーシカの人形だけではなく、もっと珍しいソ連時代のコレクション品を置かれている。海外旅行ができない今、ここへ来れば別の旅行、時間旅行を楽しむことができるかもしれない。

店を方向転換させたマトリョーシカとの出会い

「Johnny Jump Up」は1998年にオープンした。しかし、店主の高橋 拓也さん(45歳)によると、最初はソ連グッズを扱う専門店ではなかったそうだ。高橋さんがロシアのマトリョーシカと出会ったことですべてが変わった。

「Johnny Jump Up」
© Sputnik / Eleonora Shumilova
「Johnny Jump Up」

高橋さん:「最初からロシアのものを取り扱う店として始めたわけではないです。もともとは世界中の色んな輸入の雑貨を持ってきて日本で売ろうということだったので、フランスやイギリスのものがあったり、またはドイツとか、メキシコ、タイ、インドネシア、色んな国の色んな物を置いてありました。お店がスタートしてしばらくそのように運営してきたんですけれど、他の店にもよくあるものが揃ってきて、あまり面白くないなと。もっと全然違う国のものを取り扱いたいということで、探してみましたら、ロシアのマトリョーシカに出会ったんです。」

高橋さんがマトリョーシカを知ったのは20年前のこと。しかし、高橋さんがロシアに行ったのは2013年が初めてだった。初めてのロシアでマトリョーシカ以外にも面白いものをたくさん発見した。

  • ソ連グッズ
    ソ連グッズ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • 新年に子どもたちが受けるクレムリンからのプレゼント
    新年に子どもたちが受けるクレムリンからのプレゼント
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ソ連時代のおもちゃ
    ソ連時代のおもちゃ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • バッグ
    バッグ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • 子供の長靴
    子供の長靴
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • マトリョシュカ
    マトリョシュカ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • これもマトリョシュカ
    これもマトリョシュカ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • お菓子入れの缶
    お菓子入れの缶
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ソ連時代のおもちゃ
    ソ連時代のおもちゃ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • お祝いはがき
    お祝いはがき
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • マトリョシュカ、おおきなかぶ(レプカ)というロシアの民話の主人公
    マトリョシュカ、おおきなかぶ(レプカ)というロシアの民話の主人公
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ソ連時代のおもちゃ
    ソ連時代のおもちゃ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
  • ソ連時代のおもちゃ
    ソ連時代のおもちゃ
    © Sputnik / Eleonora Shumilova
1 / 13
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ソ連グッズ

高橋さん:「マトリョーシカの魅力を知るごとに自分の力で買い付けをしたい気持ちが強くなっていったのですが、ロシアに行ったこともなければロシア語も話せなかったので、実際に行くようになるのにはちょっと時間がかかりました。それは2013年だったと思います。それで自分で行くようになった時に、古いおもちゃとか、子供の絵本とか、そういったものはもともと好きで、本当に良いものがたくさんあることにびっくりしました。」

当時の日本は、地震が相次ぎ、経済はリーマン・ショックからまだ立ち直っていない不安な時代だったと高橋さんは回想する。そんな時代で自分の店の将来がとても心配だった。そこで、自分が本当に好きなものを店に置こうと決めた。こうして、誰でも何かおもしろいものを発見できる、独特の空間の店ができあがったのだ。

高橋さんは「文化的なもの」、特にソ連時代のファッションやデザインの本や雑誌に愛着を感じるという。高橋さんはこうした本を大きな箱に入れて大量に保管している。今では捨てられることが多いこれらの本を、高橋さんは「もったいない」という気持ちで、忘却から救い出しているのである。

ファッション雑誌
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ファッション雑誌

店の中では大きな宇宙コーナーも目を引く。高橋さんが宇宙に特別な想いを抱くのは、スペースシャトルとブランの時代に育った子ども時代の思い出からだ。宇宙コーナーにはソ連製のロケット形の掃除機のような驚く品ばかりでなく、当時の人がサインしたハガキまでもが置かれている。

宇宙グッズ
© Sputnik / Eleonora Shumilova
宇宙グッズ

高橋さん:「日本人は皆、ソビエトは恐ろしいという部分しか知らないので、こういうものを紹介してきたら面白いのではないかと思いました。」

宇宙グッズ
© Sputnik / Eleonora Shumilova
宇宙グッズ

「モスクワは東京と何も変わらない」

高橋さんは最初にモスクワに行ったときにも、特に困ることはなかったという。英語が分からなくても困ることはなかった。それどころか、モスクワは東京とあまり変わらないとさえ感じたそうだ。

高橋さん:「モスクワは東京と何も変わりなかったです(笑)。困ったことはひとつもありませんでした。カルチャーショックは別になかったです。モスクワはすごく合理的な感じがしました。」

高橋さんは意識的にロシア語を勉強したことはない。しかし、モスクワで英語が分からない人とコミュニケーションをとるための基本的な言葉は知っている。話す相手は主にロシアの「おじいちゃん」や「おばあちゃん」だ。彼らはソ連時代のおもしろいものをたくさん持っている。

高橋さん:「品物によってですけれど、例えば、上のくまちゃんを売ってくれたおばあちゃんは『私が若い時に自分の子どもに買ったんだけど、遊ばないから、もうずっと家にあって、あなたに売ってあげる』と言ってくれました。」

ロシア人のおばあさんがあげたミーシカ(熊)のぬいぐるみ
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ロシア人のおばあさんがあげたミーシカ(熊)のぬいぐるみ

「ソ連に行けるとしたら何がしたい?」という質問に、高橋さんは「そこにあるものをすべて買い占める」と笑顔で答えた。ソ連崩壊から30年経ち、当時の品を探すのは難しくなる一方だ。なくなっていくのはモノだけではない。人も去って行く。高橋さんは、モスクワ五輪のマスコットの生みの親であるヴィクトル・チジコフさんが最近亡くなったことに触れた。高橋さんによると、モスクワ五輪の可愛らしいマスコットのバッジは、店でも定期的に売れているのだという。

「ホンモノ」のマトリョーシカについて

高橋さんは、ソ連に愛着を抱くきっかけとなったマトリョーシカについて、本当に面白い話をたくさん知っている。そして、ソ連時代のマトリョーシカは「ホンモノ」のマトリョーシカではないと言う。いったいなぜなのか?

高橋さん:「ロシア人がよく知っているマトリョーシカはこれですよね。

ソ連時代のマトリョシュカ
© Sputnik / Eleonora Shumilova
ソ連時代のマトリョシュカ

僕は、これはマトリョーシカではないと思っています。これはソビエトの時代に国がたくさん作った 『セミョノフスカヤ・マトリョーシカ』 です。マトリョーシカは民芸品で、新しい民芸品を考えていこうという運動が1899年、今から121年前にありました。そのときに作られたマトリョーシカというのはこれじゃないんです。最初のマトリョシュカというのはこちらです。

最初のマトリョシュカ(121年前のデザイン、レプリカ)
© Sputnik / Eleonora Shumilova
最初のマトリョシュカ(121年前のデザイン、レプリカ)

レプリカですけれど、デザインは同じです。121年前のデザインです。これはセルギエフ・ポサードのおもちゃの博物館にもあるものです。このマトリョーシカの中を見ますと、違うデザインが出てきます。ソビエト時代のマトリョーシカを見ますと、デザインは同じになっています。これは1日に何万点も作って、ノルマがあって世界中に出荷しないといけないので、こういうことになったわけです。

本当に手作りのもの、ハンドメイドのものであれば、ストーリーがあったりして、何かのテーマをもっているんです。例えば、これは農家で働いているお母さんと子どもたちというテーマです。タイトルや名前があったり、テーマがあったりして、絵が変わって出てくるのが本当のマトリョーシカだと僕は思っています。」

高橋さんは作家による手作りのマトリョーシカを高く評価している。高橋さんはこの7~8年でモスクワに多くの人脈を築き、今では、様々な種類のマトリョーシカを作家本人から直接買いつけている。

マトリョシュカ
© Sputnik / Eleonora Shumilova
マトリョシュカ

高橋さんは、世界のコロナ禍が収束し、再びモスクワに行ける日を楽しみにしている。そうすれば、日本でほとんど知られていないソ連時代の品をまたたくさん持ち帰ることができる。

タグ
かわいい, ソビエト連邦, 文化, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント