08:06 2021年01月24日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケートのロシアカップ第5戦(モスクワ)は残念なニュースでの開幕となった。欧州チャンピオンのアリョーナ・コストルナヤ選手と、グランプリシリーズのロステレコム杯で優勝を果たしたエリザベータ・トゥクタミシェワ選手が新型コロナウイルスに感染したことから、欠場が決まったのである。15歳のカミラ・ワリエワ選手にとっての最強のライバル選手がコロナウイルスにより大会に参加できなくなったことを受けて、このような感染拡大の状況下で競技会を実施すること自体が正しいことなのかどうか考えさせられることになった。

米国のジャーナリスト、フィリップ・ハーシュ氏は、ロシアは、最近にもモスクワでグランプリシリーズのロステレコム杯を観客を入れて開催するなど、コロナウイルスと「ロシアン・ルーレット」的な戦いをしていると指摘する。

ハーシュ氏は、国際スケート連盟(ISU)の勧告を守らず、選手やコーチがキスアンドクライで、マスクもつけず、ソーシャルディスタンスも取らずに、抱き合ったり、キスするのを容認しているとしてロシアを非難している。

「スプートニク」はこうした批判について、ISUのアレクサンドル・ラケルニク副会長に取材した。

「わたし自身、大会を見に行っていましたが、ロステレコム杯に観客を入れたことに関して、何ら危険は感じませんでした。会場となったメガスポルトスタジアムの観客席は、選手からかなり離れたところにあります。選手と観客は高さの異なる場所にいて、接触することもありません。ですから、選手も観客も完全に安全な状態でした」。

一方で、大会の後に選手たちが感染者が出たことについて、ラケルニク副会長は、最初の感染者がサンクトペテルブルクの選手だったことは注目すべきことだと指摘する。

「エリザベータ・トゥタミシェワとドミトリー・アリエフは、コロナウイルスの状況がモスクワよりも悪いサンクトペテルブルグでトレーニングしています。ですから、これは、選手やコーチへの検査や観客間の距離の設定など、あらゆる安全策が講じられていたグランプリシリーズのモスクワ大会で感染したものではないはずです」。

しかし、コロナウイルスはトレーニングの場所で感染者を選んでいるわけではなく、モスクワの選手をも攻撃した。大会開始の数時間前に、アリョーナ・コストルナヤもロシアカップを欠場することになった。

特に症状もなく、元気だというが、検査で陽性が出たことから、この重要な大会への出場を断念せざるを得なくなった。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント