15:50 2021年01月16日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 81
でフォローする

14日、ロシア一号店となるラウンドワンが、モスクワ中心部の商業施設「ユーロペイスキー」にグランドオープンし、開店記念イベントが行われた。ここでは日本のラウンドワン同様、天候に関係なくボウリングやアミューズメント、スポッチャが楽しめる。目玉は、日本やアメリカから取り寄せたゲーム機約200台。スポッチャのコーナーにはロシア初のバッティングマシンや、ロシアでは珍しいロデオやアーチェリーなどがあり、ロシア人に新しい余暇のスタイルを提案する。なぜ今、ロシアで開業したのか?ラウンドワン現地法人「Round One Rus」の代表取締役・中川淳氏に話を聞いた。

なぜロシア進出?モスクワの魅力とは

ラウンドワンは日本国内に103店舗、米国に43店舗を展開しているが、それ以外の国に進出するのは初めてだ。今からちょうど2年前、米国以外の海外展開を検討し、アジア各国やロシアを視察。その中でモスクワが選ばれた理由について、中川氏は次のように話している。

中川氏「ロシアには、小さい子ども向けの施設はあっても、20代前後の若者が楽しめるような場所が少なく、弊社のターゲットとなる層に、ほとんど手がつけられていない状態です。それにモスクワという商圏は東京と似たところがあり、中央に集中しているので、市内に数店舗を作っても収益が見込めるという予想のもと、モスクワ展開を決めました。」

また、ビジネスパートナーから、地下鉄駅と直結した巨大ショッピングモール「ユーロペイスキー」という好物件を紹介されたことも、ロシア進出の決断材料となった。

2019年8月には現地に子会社を設立。本来はそれから約1年後の今夏にオープンを予定していたが、コロナで工事の中止や納期の遅れなどが重なり、年末へずれこんだ。

ゲームでポイントをためると景品と交換できる
© Sputnik / Asuka Tokuyama
ゲームでポイントをためると景品と交換できる

店舗立ち上げは苦難の連続

日本では、エリア室長などを歴任し、店舗立ち上げや運営のノウハウを熟知する中川氏。ロシア一号店オープンという重要任務を果たすべく、モスクワにやってきた。中川氏は、モスクワ着任から現在までを振り返り、「日本と比べてオープンまでに3〜4倍の時間と労力がかかりました。感覚が違いすぎて、日本では考えられないようなことが色々とありました」と話す。

特に、日本と違ってロシアでは「スケジュール」があっても、その通りに進むことは非常にまれで、全てが成り行きで進んでいく。「これをしてほしい」と伝えていたはずでも、細部まで契約書に書かれていないと適切に実行されなかったりする。また、日本やアメリカからの高額なゲーム機をロシアに持ってくることも、神経を使う作業だ。輸出入や許認可関連の申請など、あらゆるトラブルを乗り越え、開店までこぎつけた。これらの準備の半分以上は、コロナ禍の中で行われた。

  • スポッチャのコーナーには日本のゲーム機が充実
    スポッチャのコーナーには日本のゲーム機が充実
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
  • ゲーム機のうち、約半分が最新機種
    ゲーム機のうち、約半分が最新機種
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
  • ボウリングは8レーン。球は日本から運んできた 
    ボウリングは8レーン。球は日本から運んできた
    © Sputnik / Asuka Tokuyama
1 / 3
© Sputnik / Asuka Tokuyama
スポッチャのコーナーには日本のゲーム機が充実

コロナ禍のストレス、スポーツで解消

12月に入り、モスクワにおける新型コロナの新規感染者数は1日あたり5000〜7000人を行ったり来たりしている。感染者がなかなか減らない中、店舗をオープンさせること自体も懸念事項だった。しかし、モスクワではもともと冬場のレジャーが限られている上に、劇場やスケート場の入場制限、飲食店の営業時間短縮など、遊びにいくところがどんどん減ってストレスがたまるばかりだ。そんな中、トランポリンや卓球、インラインスケートなど、家族や友達同士で楽しめる屋内スポーツは、貴重な存在だ。

非常時において、ラウンドワンのような施設は衣食住のどれにも当てはまらないため、必要不可欠ではないとみなされ、クレームの対象になったりする。実際、東日本大震災後の営業再開時にも、賛否両論があった。しかし、ストレスフルな生活を強いられていた人々からは「再開してくれてありがとう」「久々に子どもの笑顔が見れた」と感謝の声が届き、それが社員の誇りにもなっている。心のゆとりを完全に失ってしまわないためには、「遊び」の要素を適度に生活に取り入れることが必要だ。

中川氏は、「コロナ対策を徹底し、安全確保を最優先にするのは当然のこと」とし、「その上で、皆様の笑顔を作るお手伝いをするのも、ラウンドワンの務めです。地域に密着し、「コロナ禍で大変だけれど、頑張ってくれ」と言ってもらえるような、愛されるお店を作っていきたい」と決意を固める。

コロナ対策を徹底
© Sputnik / Asuka Tokuyama
コロナ対策を徹底
モノだけでなく、接客の質を高めたい

ロシア一号店として、最新の設備を取り揃えるのはもちろんだが、それ以上に力を入れているのは、接客だ。ゲーム機やボウリングがあれば、もちろん人がいなくても楽しめるが、中川氏はそれだけでは足りないと考えている。

中川氏「スタッフの気遣いや思いやり、お客様へのサポートによって、さらに楽しい時間を過ごしてもらいたいと思っています。研修でも、お客様に「また来たい」と思ってもらうためには何をするべきか、自分たちで言動を考える必要がある、という点を重視しています。今はオープンしたばかりでまだお客様が少ないので、適正人員になったときに質の高い接客ができるかが、今後の課題です。」

14日のグランドオープンには上月豊久・駐ロシア大使も駆けつけ、「ここにいると日本のように感じる、このようなレジャー施設は日本文化の一部」だと挨拶した。ステージに見立てたボウリング場では、テープカットとラウンドワン恒例のボウリング始球式が行なわれた。

ボウリング場でテープカット
© Sputnik / Asuka Tokuyama
ボウリング場でテープカット

コロナの影響で今後の店舗展開は白紙の状態だが、いずれにしても、まずはユーロペイスキー店がモスクワで受け入れられることが第一関門だ。中川氏は「前進する、と言うよりも、ロシアでのやり方を模索し、どうすればラウンドワンを浸透させることができるかを念頭に、テスト&チャレンジを行なっていきたい」と話している。

タグ
スポーツ, 新型コロナウイルス, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント