08:48 2021年04月15日
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
0 130
でフォローする

東京五輪・パラリンピックの式典の演出を統括していたクリエイティヴディレクターの佐々木宏氏(66)が3月18日、辞任を表明した。すべては 、式典の内容をLINEでやり取りしていたチーム内のグループチャットの抜粋を文春が発表した後に起きた。抜粋されたチャットで佐々木氏はある女性お笑い芸人 を豚になぞらえ、「オリンピッグ」と揶揄していた。

先月、五輪組織委員会の森喜朗前会長が女性への性差別発言をし、辞任に追い込まれた後は日本の国事に関わる人たちは自分の発言により慎重に当たるべきということを思い知ったはずなのだが。

ところがまたもや起きたスキャンダルが組織委員会の裏側を見せつけた。文春によって、東京五輪式典の演出を統括するクリエイティヴディレクターの佐々木宏氏がかつてLINE上のグループチャットで、日本人女性タレントのお笑い芸人、渡辺直美さん に豚の衣装を着せる提案を行っていた事がを暴露された。

◎=渡辺直美

への変身部分。

どう可愛く見せるか。

オリンピッグ●

歴史を振り返るというより、過去

大会ハイライトシーンを、

どうワクワクする様に見せるか。

(註・◎=ブタの絵文字、●=ブタ鼻の絵文字)

渡辺をブタに見立てたLINE
渡辺をブタに見立てたLINE

同日、佐々木宏氏は当時の発言を謝罪する声明を表し、 その中で渡辺直美さんには「大変な侮辱」 となったことを認識し、「非常に不適切な表現がありました」、「ご本人、そして、このような内容でご不快になられた方々に、心からお詫(わ)び申し上げます」と謝っている。

ネットユーザーたちはこの声明に怒りの声を上げた。文春オンラインのツィッターに書き込みを行った人の数は4万人を超えた。

YouTube、ツィッターのニュースへのコメントではユーザーらが憤懣やるかたなさを必死でこらえているのがわかる。賢明さを身につけていいはずの熟年世代に属す人物がその欠けらもなく その謝罪文は高い地位についている人物の書く文ではなく、小学生の作文と比較される始末。

「おじいちゃんもう容姿いじりは許されないよ」

「66歳でも低能な人間が存在するんだ😁」

「オリンピッグは普通に面白いし女が話を長くするのも事実ではあるけど、やっぱりこれを公で言ったら世間的にどういう反応が来るかくらい考えてほしかったよね、居酒屋だけで言ってれば問題ないのに…」

「佐々木氏自身の容姿が問題だと思ったよ。」

「一人一人が大問題を起こすゲームかな?」

「ごめんで済まされるのか。小学生なのかな?」

「いろいろケチが付いた東京オリンピックは、人権問題が最後のオチで実施が不可能になるんだね。早くオリンピックそのものの去就を決定した方がいい。世界的にはすでに恥さらしの体だ。」

「侮辱うんぬんは抜きにしても この方の陳腐な発想や笑いのセンスの無さはソフトバンクCMで実証済みなはずなのに演出を任されたことが不思議。」

多くの人が心配したのは、今まで様々な発言に晒され、おそらくはご本人も慣れてしまったであろう渡辺さんの心情だけでなく、日本を公式的に代表する人々がこんな発言をするということで海外の人が日本人をどう思うかということだった。

「お笑い芸人だから、国内では、たいして問題視されないかもしれないが、海外では、どうなのかな?」

「外国人客来ないならオリンピック経済は終わり。開催しなくても終わり。今後先オリンピック選ばれにくくなるし、大阪万博にも影響出るな〜」

「もうオリンピック辞めたが良いじゃない?辞める勇気も必要。海外から客を入れ無いオリンピックなんか?オリンピックじゃない。」

コメントの多くからは、その準備にすでに巨額が費やされてしまっている東京五輪の行方自体が憂慮されていることがうかがえる。

「東京オリンピックは 最初からズタズタまだ此れから何が有るか東京オリンピック中止かな」

「本人がどう思ってるかは分からないけど、こんなにグダるくらいなら、もうオリンピック自体中止にしたほうがいいとおもう。」

「こんなオリンピックに開催する意義はあるのでしょうか? オリンピック関連の不祥事が多すぎませんか? もう辞めましょう! この一言に限る」

こうした一方で文春のグループチャットのスクリーンショットの入手経路に首をかしげる人達も存在する。

「文春は、どこから、個人情報を手に入れた。一年前のグループライン内のことが漏れたことが問題だけど、グループライン内で、謝罪しているし、不適切だと言うことも認めているのに、ある女性タレントの不倫の時もそうだけど、個人情報を金の為に流した人を、グズゴミが守っていることが、おかしいし、今回のことを報道する事もおかしい。」

渡辺直美さんは他のタレントの物まねに堪能なお笑い芸人として有名。Netflixオリジナルシリーズ『クィア・アイin Japan!』やスキンケアシリーズSK-IIのグローバル広告に出演したことで、日本を超え、海外での知名度も急上昇した。またボディーポジティブを独自の発想で支援し、身体のサイズの大きな人用の洋服もプロデュースしている。


関連記事

タグ
五輪, 東京
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント