19:46 2020年07月14日
  • 演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」、モスクワで
  • トヴェルスカヤ通り、8つの凱旋門が再現された。それぞれの門のまわりにはその時代の文物が再現された
  • 街頭芸術展「陽気な人々」
  • Aerosmithが出演した
  • モスクワ創建祭でセルフィをする市民
  • メキシコ軍楽隊、トヴェルスカヤ通りの行進で
  • モスクワ創建祭、トヴェルスカヤ通りで粘土細工
  • モスクワ中心部のカーニバル
  • 演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」
  • 創建記念の花火
© Sputnik / Kirill Kallinikov
演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」、モスクワで

モスクワ市の創建を記念するイベントには400万人超が参加した。イベントは特に事故もなくおこなわれた。

ルビャンカ広場ではAerosmithをヘッドライナーとするコンサートが行われた。ツヴェトノイ・ブリヴァールではマリオネット劇場の参加のもと、カーニバルがおこなわれた。トヴェルスカヤ通りでは歴史的建築の再現として、ピョートル時代に建造された8つの凱旋門のコピーが作られた。

救急・消防部隊がゴーリキイ公園まで行進を行い、そのゴーリキイ公園では消防車によるショーがおこなわれ、「消防梯子のワルツ」が披露された。赤の広場では世界最大の軍事音楽祭「スカスカヤ・バーシニャ」が始まった。14カ国の軍楽隊26団体が参加するものだ。

締めくくりに市内31箇所(広場12、公園18)から花火が打ち上げられた。花火は8分間続いた。

6日も祭りが続く。今日の目玉は第7回モスクワ自転車パレード。2万人が参加する。ズヴェズドノイ・ブリヴァールからクラスノプレースネンスキイ公園までのルートだ。またプーシキン広場では「モスクワ・ブロードウェイ」が開かれ、パトリアルシイ池ではコンサートが行なわれ、トリウンファーリナヤ広場では詩の朗読会が開かれる。

モスクワ創建祭は毎年9月の最初の土日に行なわれる。最初の催行は19世紀半ば。1947年以降は毎年祝われている。この年は800周年が盛大に祝われた。

 

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「Galaxies(銀河)」部門最終候補作品『NGC 253 - Starbust Galaxy in Sculptor(スターバースト銀河)』 Terry Robison氏(カナダ)
    アップデート: 2020年07月14日 19:40
    2020年07月14日 19:40

    星空に太陽系、銀河まで グリニッジ天文台主催の天文写真コンテスト

    英国のグリニッチ天文台が主催する天文写真コンテスト「Insight Astronomy Photographer of the Year 2020」が同国の国立海洋博物館で開催された。多数の応募の中から選ばれた最終候補作品をスプートニクでご紹介します。

    15
  • 2020年7月11日、米国ワシントン州上空で観測されたネオワイズ彗星
    アップデート: 2020年07月13日 19:38
    2020年07月13日 19:38

    世界各地でネオワイズ彗星が見頃 次は5000年後

    今年3月、赤外線観測衛星NEOWISEによって新たに発見された彗星のネオワイズ彗星(C/2020 F3)が、今月に入って太陽に最も接近し、明るさのピークを迎えている。

    10
  • 山岳リゾート地区「クラースナヤポリャーナ」にある空中ブランコに乗る女性
    アップデート: 2020年07月11日 13:45
    2020年07月11日 13:45

    夏真っ只中のロシア リゾート地ソチでの楽しみ方

    長い冬が明け、夏が訪れたロシアは今、絶好の観光シーズン。特に国内有数のリゾート地であるソチは、長期休暇を取って訪れる行楽客でにぎわいを見せている。

    10
  • 夏至祭り「イワン・クパーラ」で炎を飛び越える女性(ベラルーシ、トゥーラウ)
    アップデート: 2020年07月10日 19:15
    2020年07月10日 19:15

    今週のベストショット 7月4日―7月10日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19