04:07 2019年03月26日
  • 演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」、モスクワで
  • トヴェルスカヤ通り、8つの凱旋門が再現された。それぞれの門のまわりにはその時代の文物が再現された
  • 街頭芸術展「陽気な人々」
  • Aerosmithが出演した
  • モスクワ創建祭でセルフィをする市民
  • メキシコ軍楽隊、トヴェルスカヤ通りの行進で
  • モスクワ創建祭、トヴェルスカヤ通りで粘土細工
  • モスクワ中心部のカーニバル
  • 演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」
  • 創建記念の花火
© Sputnik / Kirill Kallinikov
演劇仕立ての街頭芸術展「陽気な人々」、モスクワで

モスクワ市の創建を記念するイベントには400万人超が参加した。イベントは特に事故もなくおこなわれた。

ルビャンカ広場ではAerosmithをヘッドライナーとするコンサートが行われた。ツヴェトノイ・ブリヴァールではマリオネット劇場の参加のもと、カーニバルがおこなわれた。トヴェルスカヤ通りでは歴史的建築の再現として、ピョートル時代に建造された8つの凱旋門のコピーが作られた。

救急・消防部隊がゴーリキイ公園まで行進を行い、そのゴーリキイ公園では消防車によるショーがおこなわれ、「消防梯子のワルツ」が披露された。赤の広場では世界最大の軍事音楽祭「スカスカヤ・バーシニャ」が始まった。14カ国の軍楽隊26団体が参加するものだ。

締めくくりに市内31箇所(広場12、公園18)から花火が打ち上げられた。花火は8分間続いた。

6日も祭りが続く。今日の目玉は第7回モスクワ自転車パレード。2万人が参加する。ズヴェズドノイ・ブリヴァールからクラスノプレースネンスキイ公園までのルートだ。またプーシキン広場では「モスクワ・ブロードウェイ」が開かれ、パトリアルシイ池ではコンサートが行なわれ、トリウンファーリナヤ広場では詩の朗読会が開かれる。

モスクワ創建祭は毎年9月の最初の土日に行なわれる。最初の催行は19世紀半ば。1947年以降は毎年祝われている。この年は800周年が盛大に祝われた。

 

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る