05:30 2018年06月23日
  • 常総市、水に取り囲まれた市民がヘリコプターの救助隊を待っている。
  • ヘリで被災民が避難
  • 小山市で警察が浸水した町をパトロール
  • 小山市、ゴムボートで救助される被災民
  • 栃木県のホテル旅館の建物も水に浸かった。
  • 東京、台風に耐える。
  • 東京、台風に耐える。
  • 常総市は水に浸かった。
  • 常総市、消防隊員が浸水した車から市民を救出する。
  • 東京、豪雨に耐える。
© REUTERS / Kyodo
常総市、水に取り囲まれた市民がヘリコプターの救助隊を待っている。

台風18号による影響で茨城県の常総市では避難所にいる市民550人が周辺地域が浸水し、孤立した状態となっている。

これ以外にも、これまでの報道によれば避難所に逃げ遅れた市民80人から、自宅の2階に取り残されているという救助願いが入っている。

常総市は台風18号の引き起こした豪雨によって鬼怒川の決壊し、浸水ししている。茨城県、福島県では2日間で300ミリを越す降水量が記録されたほか、栃木県ではその2倍の600ミリを越している。

安倍首相は閣僚らに対し、栃木県、茨城県の浸水地域の市民救出に全力を挙げて取り組むよう呼びかけた。

また、福島県南会津町の住人830人が舘岩川の氾濫により孤立している。福島県は熱帯低気圧「キロ」のもたらした大雨に見舞われている。

共同通信によれば、町に続く大きな自動車道が冠水し、交通が完全に遮断されているという。

現在「キロ」は本州東部沿岸に接近中。中心部の気圧は980ヘクトパスカル、風速は秒速25m、瞬間最大風速は35m。時速25kmで北西方向に移動しており、本州および北海道北東沿岸沿いを進み、土曜未明にはクリル諸島に接近する。

千葉、神奈川、埼玉、福島、宮城、新潟、山形と首都圏に暴風警報が出ている。浸水被害や土砂崩れへの注意も呼びかけられている。あわせて、およそ100万人に避難勧告が出されている。

 

 

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る