06:00 2019年04月24日
  • 2001年9月11日、アルカイダの自爆テロ犯が4機の飛行機をハイジャックし、うちの2機をニューヨーク実業界のシンボル、世界貿易センタービルに向け、残りをペンタゴンに向け、おそらくは、ホワイトハウスあるいは議事堂に向けた。最後者を除き、全てが目標を達成した。
  • 9.11コミッションによれば、当時WTCの飛行機が突入した高さより下の階には1万6000人がいた。大半がビルの倒壊前に避難し、生還した。
  • テロの後
  • 2974人が死亡、24人が不明となった。
  • 少なくとも200人が飛行機の突入点より上の階で行き場を失い、焼け死ぬよりはと身を投げた。多くの人がその様子を目撃した。
  • 110階の高層ビル2棟以外にも、WTCの他の建物、商店、ホテルMarriott World Trade Center、正教会の聖ニコライ教会が深刻に損傷した。Liberty Street の向かいにあったDeutsche Bankも大きく損傷し、のち解体された。
  • 米国人以外にも91カ国の国民が死亡した。旧ソ連諸国の国民あるいは出身者も96人死亡した。
  • WTCが倒壊し、20世紀芸術の非常に貴重な遺産が灰燼に帰した。ジョン・F・ケネディ元大統領の専属カメラマンが写した写真のネガ4万件あまりが台無しになった。
  • 消防隊員341人、NY消防局の救急班2人、警官60人、救急隊員8人が死亡した。
  • 米国では毎年9月11日、追悼式典と終夜祈祷が行われている。セントルイスでは10周年の記念に3000本の旗が立てられた。
  • 2014年5月21日、WTC跡地に「9月11日博物館」が開かれた。
  • 2002年9月11日以降、この日は米国で愛国者の日が祝われ、2009年からは犠牲と追憶の国民記念日となっている。
  • 2006年3月13日、WTC跡地で国民追悼碑の建立が始まった。当初は街路より9m低い高さに設置される予定だった。結果的に成立した建設案では、ビルが建っていたまさにその場所に巨大なプールを作り、その周りを木立が囲むということになった。記念碑は、テロの日、または人命救助の際に死亡した人に捧げられている。
© AFP 2019 / Seth Mcallister
2001年9月11日、アルカイダの自爆テロ犯が4機の飛行機をハイジャックし、うちの2機をニューヨーク実業界のシンボル、世界貿易センタービルに向け、残りをペンタゴンに向け、おそらくは、ホワイトハウスあるいは議事堂に向けた。最後者を除き、全てが目標を達成した。

「今日は21世紀のパールハーバーだ」。14年前、前米国大統領ジョージ・ブッシュJr.氏は、2001年9月11日の日記にこう記した。

「今日は21世紀のパールハーバーだ」。14年前、前米国大統領ジョージ・ブッシュJr.氏は、2001年9月11日の日記にこう記した。

タグ
テロ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る