12:51 2020年07月14日
  • リヴァディア宮殿にポクロンスカヤさんは検事総長の制服ではなく、流れるような細身で薄紅のドレスに身を包んで登場。
  • モスクワでの「統一ロシア」第15回大会の第2ステップにはポクロンスカヤさんは白と黒の上下という厳粛な服装を選んだ。
  • 3月18日、シンフェローポリでの記者会見ではポクロンスカヤさんは初めて検事総長の制服ではなくワンピースを着て登場。美しい真紅のレースの衣装はクリミアのロシア再編入とご自分の誕生日という二重の喜びを表したものだった。
  • ここ2年間、ポクロンスカヤさんは常に社会の注目の中心。ヘアスタイル、 髪の色のほんのわずかな変化も報道は見逃さない。
  • ポクロンスカヤさんの話では彼女のもとには善良なメッセージ、詩の書かれたカードや花束など、様々な贈り物がロシアを超えて世界の通津浦裏から届けられている。ポクロンスカヤさんはインタビューに「一度など200本のバラの花束が届けられたことがありました。とても抱えきれない大きさで。贈り物は禁止にしました。例外はイコン(聖像画)と花だけです。」
  • 政治学者らはポクロンスカヤさんの人気の秘訣は彼女のプロフェッショナルな姿勢にもまして魅力的外見にあるとしている。
  • クリミア検事総長に任命されたとたん、その数日後にはもう日本のSNS上に青い目でほっそりしたブロンドのポクロンスカヤさん像が多数登場。
  • ポクロンスカヤ検事総長はあまりの人気の高さに、自分はSNSには登録しておらず、ブログも書いていないため、検察に職務についての信憑性の高い情報は公式サイトで検索してほしいと書くはめに。
  • ポクロンスカヤさんは弱冠33歳でクリミア検事総長に就任。マスコミ報道によれば彼女の前に4人の候補者が任命を辞退している。
  • 一躍有名、人気を博したポクロンスカヤさんだが、ご本人はこれにはいたって冷静。「私の職務のほうを評価いただきたい。」
  • ポクロンスカヤさん、シンフェローポリの執務室で。
  • ポクロンスカヤさん、シンフェローポリで任命された検事の宣誓式に列席。
© Sputnik / Dmitriy Gromov
リヴァディア宮殿にポクロンスカヤさんは検事総長の制服ではなく、流れるような細身で薄紅のドレスに身を包んで登場。

美しすぎるクリミアの検事総長ナタリヤ・ポクロンスカヤさんがロマノフ王朝の離宮だったリヴァディア宮殿に最後の皇帝ニコライ2世とその家族が描かれた肖像画を寄贈した。マスコミ報道の注目は贈られた肖像画よりもポクロンスカヤさんが贈呈式に着ていったドレスに集まった。ジャーナリストらの批評ではポクロンスカヤさんには検事総長の制服もロマンティックな衣装もどちらもお似合い。

タグ
クリミア, ロシア

写真をもっと見る

  • 2020年7月11日、米国ワシントン州上空で観測されたネオワイズ彗星
    アップデート: 2020年07月13日 19:38
    2020年07月13日 19:38

    世界各地でネオワイズ彗星が見頃 次は5000年後

    今年3月、赤外線観測衛星NEOWISEによって新たに発見された彗星のネオワイズ彗星(C/2020 F3)が、今月に入って太陽に最も接近し、明るさのピークを迎えている。

    10
  • 山岳リゾート地区「クラースナヤポリャーナ」にある空中ブランコに乗る女性
    アップデート: 2020年07月11日 13:45
    2020年07月11日 13:45

    夏真っ只中のロシア リゾート地ソチでの楽しみ方

    長い冬が明け、夏が訪れたロシアは今、絶好の観光シーズン。特に国内有数のリゾート地であるソチは、長期休暇を取って訪れる行楽客でにぎわいを見せている。

    10
  • 夏至祭り「イワン・クパーラ」で炎を飛び越える女性(ベラルーシ、トゥーラウ)
    アップデート: 2020年07月10日 19:15
    2020年07月10日 19:15

    今週のベストショット 7月4日―7月10日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 7日、熊本県球磨村で崩落した国道219号
    アップデート: 2020年07月07日 19:40
    2020年07月07日 19:40

    九州豪雨 死者は50人超に 行方不明者の捜索続く

    先週3日ごろから降り続いた大雨により、九州全域で川の氾濫や土砂災害、道路の崩落などの被害が広がっている。現在、警察や消防団、自衛隊などが土砂崩れ現場で行方不明者の捜索活動にあたっている。

    9