06:38 2020年07月14日
  • 第一回(1951)の優勝者は、スウェーデン代表のキキ・ハカンソン嬢(22)。賞品として宝石のネックレスと1千ポンドの小切手を受け取った。
  • 1962年のコンテストの優勝者、オランダのカタリナ・ロデルス嬢、3万ギルダーの賞金を受とった。同年彼女は「ミスインターナショナル」にも出場、第三準ミスとなった。そして1964年には、米国人歌手チャビー・チェッカー氏と結婚した。
  • 「ミスワールド」で米国人が初めて優勝したのは、マージョリーウォレス嬢で、1973年のことだった。しかし受賞から3か月後「ミスワールドとして基本的な要求を満たしていなかった」との理由で、王冠は剥奪された。
  • 1985年に「ミスワールド」に輝いたのは、アイスランドのホルムフリドゥル・カルルスドッチル嬢。その後彼女は結婚し、3人の子供を出産、一生を家族のために捧げた。
  • 「ミスワールド」優勝者の中で、最も有名な一人、インドのモデルで女優のアイシヴァリヤ・ライ嬢。1994年の美の女王。
  • 2001年のコンテストでは、初めてネイティブ・アフリカンが女王に。ナイジェリアのアグバニ・ダレゴ嬢で、彼女の勝利は、母国で非常な歓喜をもって受け止められ、国家勲章も授与された。
  • 2005年の世界一は、アイスランド代表のウンナ・バーン・ヴィルヤルムスドッチル嬢。彼女は、モデルで女優、法律家で人類学者でもあったため、その多才ぶりから幅広い関心の的になった。
  • 「ミスワールド」で初の中国人優勝者となったのは、2007年のチャン・ツィリン嬢。彼女は北京科学技術大学卒の才媛で、モデルビジネスや映画界でもキャリアを重ねた。
  • 2008年の「ミスワールド」は、ロシアのクセーニヤ・スヒノワ嬢。女王に輝いたのはロシア人としては2人目。最初にその栄誉を得たのは、ユリヤ・クロチキナ嬢で、1992年のことだった。
  • 2010年の「ミスワールド」は、ケンタッキー生まれのアレクサンドリア・ミルズ嬢(18)。
  • 2015年の「ミスワールド」は、スペインのミレイヤ・ララグナ嬢。スペイン代表が優勝したのは初めてだった。彼女は、プロのモデルで、自由時間は読書をしたり、ボクシングを楽しんでいるという。
© 写真 : Public Domain
第一回(1951)の優勝者は、スウェーデン代表のキキ・ハカンソン嬢(22)。賞品として宝石のネックレスと1千ポンドの小切手を受け取った。

今からちょうど65年前の1951年7月29日、ロンドンで初の美人コンテスト「ミスワールド」が開かれた。世界一の美女の栄誉を得るために、当時26カ国の代表が競った。あれからこれまでの間に、実にさまざまの美女に「ミスワールド」の王冠が捧げられた。

写真をもっと見る

  • 2020年7月11日、米国ワシントン州上空で観測されたネオワイズ彗星
    アップデート: 2020年07月13日 19:38
    2020年07月13日 19:38

    世界各地でネオワイズ彗星が見頃 次は5000年後

    今年3月、赤外線観測衛星NEOWISEによって新たに発見された彗星のネオワイズ彗星(C/2020 F3)が、今月に入って太陽に最も接近し、明るさのピークを迎えている。

    10
  • 山岳リゾート地区「クラースナヤポリャーナ」にある空中ブランコに乗る女性
    アップデート: 2020年07月11日 13:45
    2020年07月11日 13:45

    夏真っ只中のロシア リゾート地ソチでの楽しみ方

    長い冬が明け、夏が訪れたロシアは今、絶好の観光シーズン。特に国内有数のリゾート地であるソチは、長期休暇を取って訪れる行楽客でにぎわいを見せている。

    10
  • 夏至祭り「イワン・クパーラ」で炎を飛び越える女性(ベラルーシ、トゥーラウ)
    アップデート: 2020年07月10日 19:15
    2020年07月10日 19:15

    今週のベストショット 7月4日―7月10日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 7日、熊本県球磨村で崩落した国道219号
    アップデート: 2020年07月07日 19:40
    2020年07月07日 19:40

    九州豪雨 死者は50人超に 行方不明者の捜索続く

    先週3日ごろから降り続いた大雨により、九州全域で川の氾濫や土砂災害、道路の崩落などの被害が広がっている。現在、警察や消防団、自衛隊などが土砂崩れ現場で行方不明者の捜索活動にあたっている。

    9