11:05 2018年07月21日
  • バイカル自然保護区
  • クリミアのオプクスキー自然保護区。1998年に設定された。
  • 極東にあるクロノツキー自然保護区とゲイゼル峡谷。毎年数千人の旅行者が訪れる。
  • クリミア半島最大の自然保護区の一つレビャジ島。
  • アルタイのゴールデン・マウンテンと呼ばれるカトゥン自然保護区
  • テベルダ国立自然保護区は北コーカサスのユニークな特別保護区の一つ。
  • 極東海洋自然保護区
  • テレツコエ湖
  • 国立公園オルロフスコエ・ポレシエ
  • ケノゼルスキー国立公園
  • ウブスヌルスカヤ・コトロヴィナ
  • ラプランツキー自然保護区
  • ブレインスキー自然保護区
  • 国立公園アラニヤは、中央コーカサス山岳地帯の北斜面に位置している。
  • 国立公園ロシニィイ島
  • 国立公園クルシスカヤ・コサ
  • 自然保護区チョールニィエ・ゼムリー。
  • 自然保護区ミィス・マルティヤン
  • 自然保護区「大北極自然保護区」
© Sputnik / Valeriy Melnikov
バイカル自然保護区は1969年に設定された。ユネスコの世界の文化遺産及び自然遺産に登録されている。

ロシアでは1月、「自然保護区および国立公園の日」が祝われている。今からちょうど100年前の1917年の1月11日に、ロシア初の自然保護区バルグジンスキーが設定された。スプートニクが最も美しいロシアの自然保護区をご紹介する。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ユニコーン型の浮き輪に座る女性
    アップデート: 2018年07月20日 21:20
    2018年07月20日 21:20

    今週のベストショット 7月14日-7月20日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 東京2020の五輪施設のうち、メインスタジアムで
    アップデート: 2018年07月19日 21:35
    2018年07月19日 21:35

    東京2020 日本における選手村の建設現場

    17日、東京での選手村の建設現場を巡る記者向けのプレス・ツアーが実施された。この場所は、2020年の夏季五輪を迎え入れる準備をしている。

    12
  • ヒトデ 「Echinaster sepositus」
    アップデート: 2018年07月18日 16:02
    2018年07月18日 16:02

    知られざるサンゴたち イタリアの諸島付近で不思議なサンゴの森が発見

    イタリアのシチリア島の北にあるエオリア諸島の海底が調査された結果、今までに知られていない多くの種類のサンゴと鮮やかなサンゴの森が発見された。こうしたサンゴは1キロ以上の深さに潜水しないと見ることできない。

    20
  • 表彰式でのフランス代表選手
    アップデート: 2018年07月16日 22:54
    2018年07月16日 22:54

    ロシアW杯とお別れ 最終戦と閉会式

    モスクワのルジニキ・スタジアムでサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の閉会式が行われた。閉会式直後、同地でフランス対クロアチアの決勝戦の火蓋が切って落とされた。

    15