06:00 2019年01月19日
  • チェコの写真家Simona Nalepkovaさんの作品
  • バングラデシュの写真家Mohammad Amir Hamjaさんの作品
  • ベトナムの写真家 Ngoc Mai Nguyenさんの作品
  • エストニアの写真家Annela Samuelさんの作品
  • 日本の写真家はまだほまれさんの作品
  • イタリアの写真家Salvatore  Mazzeoさんの作品
  • フィンランドの写真家Antti Hallakorpiさんの作品
  • サウジアラビアの写真家Khalid Alsabatさんの作品
  • パナマの写真家Jonatan Banistaさんの作品
  • ブルガリアの写真家 Ivan Miladinovさんの作品
  • ポルトガルの写真家 Luis Godinhoさんの作品
  • ネパールの写真家Chitrakar Shashankaさんの作品
  • ニュージーランドの写真家Miriam Strongさんの作品
  • ロシアの写真家Alexander Vinogradovさんの作品
  • ドイツの写真家Ralph  Gräfさんの作品
  • カタールの写真家Firos Syedさんの作品
  • カナダの写真家Harley Yangさんの作品
  • コロンビアの写真家Camilo Diazさんの作品
  • ウクライナの写真家Zani Arkadinaさんの作品
  • ポーランドの写真家Arek Ratajさんの作品
  • スイスの写真家Alessandra Meniconziさんの作品
  • 中国の写真家Jianguo Gongさんの作品
  • 韓国の写真家Seung Jong Leeさんの作品
  • 米国の写真家Argus Paul Estabrookさんの作品
  • フランスの写真家Josselin Cornouさんの作品
  • ケニアの写真家Austin Odungaさんの作品
  • スペインの写真家Santos Morenoさんの作品
  • 英国の写真家Tim Cornbillさんの作品
  • アラブ首長国連邦の写真家Mustafa Jindiさんの作品
  • ギリシャの写真家Constantinos Sofikitisさんの作品
チェコの写真家Simona Nalepkovaさんの作品

世界最大の写真コンテスト「ソニーワールドフォトグラフィーアワード2017」の優勝作品をご覧ください!

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スペインで毎年恒例のフェスティバルで、馬と騎手が炎を駆け抜ける
    アップデート: 2019年01月18日 18:54
    2019年01月18日 18:54

    今週のベストショット 1月12日-1月18日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ステージ6を走るバイカー
    アップデート: 2019年01月17日 22:07
    2019年01月17日 22:07

    あたり一面が砂の時 ペルーで「ダカール・ラリー」開催中

    6日、ペルーで17日までの日程で砂の中のレース「ダカール・ラリー2019」が開幕した。レースは初めて1国の領内だけで行われる。レーサーはリマからスタートし、同市でゴールを決める。

    12
  • Винторогий козел в Московском зоопарке получил в виде угощения нераспроданные новогодние ели
    アップデート: 2019年01月16日 21:57
    2019年01月16日 21:57

    ロシアでは新年の後、ツリーがどこへ消えるのか?

    ロシア全土の数多くの人々は毎年、新年を前に自宅をヨールカ(新年のツリー)で飾る。新年を祝うヨールカは、専門の市場で買うことができる。では、売れ残ったヨールカについては、いったいどうするのだろうか?実は、動物園で暮らす動物たちにプレゼントされるのだ!

    10
  • 東京、永楽寿司の店 福綱正敏さんが接客をしている
    アップデート: 2019年01月15日 16:12
    2019年01月15日 16:12

    東京のはずれにある最後の家族経営のお寿司やさん

    すし屋「永楽」は東京の喧騒からは一歩外れた場所にある。観光マップにも書いていない。狭い路地をぬって見つけるのも簡単ではない。店主の福綱正敏さんと妻みつ江さんが二人きりで切り盛りをしている、最後の家族経営のすし屋だ。

    12