12:47 2019年06月17日
  • バイカル湖のオリホン島
  • カレリア共和国にある特別保存地区「キジ」
  • カレリア共和国のルスケアラ・マウンテンパークにある大理石渓谷
  • 歴史文化保護区「アルカイム」にある「願いのスパイラル」
  • アルタイ地方の塩辛くて苦い水を湛えたマリーノヴォエ湖
  • オールシーズン型マウンテンリゾート「ドンバイ」での新郎新婦
  • クルシュー砂州の「踊る森」
  • オリホン島の日没
  • イヴォルギンスキー寺院のパンディト・ハンボ・ラマ12世ダシ・ドルジョ・イチゲロフの宮殿
  • ニコラ・レニヴェツ村の「アルフストヤニエ2014」フェスティバルのアートオブジェ「帝国の境界と宇宙の知性」
  • クロノツキー自然保護区の「間欠泉の谷」
  • カムチャッカにある小セミャチク火山のクレーター湖
  • ペトロパブロフスク・カムチャツキーのアバチャ湾
  • ダルガフス村の死者の町
  • フランツ・ヨシフ諸島のグケラ島にいるシロクマ
  • ザバイカル地方のチャラ砂漠の風景
  • チェチェン共和国ヴェデンスキー地区の高山にあるカゼノイ・アム湖
  • ヤクーチヤの国立自然公園「レナ石柱群」
  • エリトン塩湖
  • クリミアのベロゴルスキー地区にある「白い岩」
  • カバルダ・バルカル共和国のエルブルス山で標高4400メートルまで登った観光客
  • スヴィヤシュスク島
  • ペルミ地方クングルの氷の洞窟
  • セリゲル湖の聖ニル修道院
© Sputnik / Vladimir Smirnov
バイカル湖のオリホン島

9月27日は観光の日。旅行好きのスプートニクがロシアの隠れたオススメ観光名所をお伝えします。どこに行くか迷ったら、ちょうどこの記事があなたの役に立つでしょう。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19
  • Weimin Chu氏による写真「グリーンランドの冬」。「National Geographic Travel Photo 2019」コンテストグランプリ作
    アップデート: 2019年06月15日 09:03
    2019年06月15日 09:03

    ドリームキャッチャー、黄昏のイルカ ナショナル・ジオグラフィック旅行写真コンテストの入賞作品

    ナショナル・ジオグラフィック誌は、毎年実施する旅行がテーマの国際写真コンテストの入賞作品を発表した。

    14
  • 月を背景に飛行するエアバスA320型旅客機
    アップデート: 2019年06月14日 21:30
    2019年06月14日 21:30

    今週のベストショット 6月8日-6月14日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
    アップデート: 2019年06月13日 23:55
    2019年06月13日 23:55

    活気づくチェルノブイリ 立入禁止区域が人気観光地に

    野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

    18