09:27 2020年04月02日
  • オリオン大星雲
  • 探査機「カッシーニ」によって撮影された土星の画像
  • 国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしたロシアの宇宙船「ソユーズ」と補給船「プログレス」
  • 嵐に覆われた木星の南極
  • 雪を頂く火星の砂丘
  • 船外活動を行うセルゲイ・リャザンスキー飛行士(ロシアの宇宙公団「ロスコスモス」所属)
  • 影がかかる土星の環
  • 米航空宇宙局(NASA)の探査機「カッシーニ」が撮影した土星の衛星「タイタン」の画像
  • まるで絵のような土星の雲
  • 「猫の足星雲(NGC 6334)」と「ロブスター星雲(NGC 6357)」の画像
  • 探査機「ドーン」によって撮影された準惑星ケレス
  • 米気象衛星「ゴーズ(GOES)16」が初めて撮影した複数の写真のうちの一枚
  • 死にゆく赤色巨星「ひょうたん星雲」
  • 今年10月末に探査機「ジュノー」が撮影した木星表面の嵐
  • 星々の巨大な揺り籠、オリオン大星雲で衝突する、新たに誕生した2つの星
  • 12月2日に観測された国際宇宙ステーション(ISS)の月面通過
  • 国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングする宇宙船「ソユーズ」
  • 探査機「カッシーニ」によって撮影された土星とその環の初めての画像
  • 夜の側の地球
  • 「アフリカの目」とも呼ばれているリシャット構造
© 写真 : NASA, ESA, Hubble, HLA; Jesús M.Vargas & Maritxu Poyal
オリオン大星雲

2017年に宇宙から届いた最高の写真を、スプートニク日本がご紹介します。

タグ
写真, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9