13:18 2018年10月17日
  • カフカース国立自然生物圏保護区
  • モスクワの展望台を訪れた若者たち
  • モスクワ州セルギエフ・ポサードの至聖三者聖セルギイ大修道院
  • クリミア半島のタルハンクト岬沿いの黒海に浮かぶカヤックに乗る観光客
  • サンクトペテルブルクの聖イサアク大聖堂
  • ロシア・スタヴロポリ地方のキスロヴォツキー国立公園を訪れた人たち
  • アルタイ共和国コシュ=アガチスキーのニージネェ・シャヴリンスコエ湖
  • ニージニー・ノヴゴロドのミーニンとポジャルスキーの像
  • ウラジオストク金角湾にかかる斜張橋
  • スヴェルドロフスク州クナラ村にあるクズネツォフ(鍛冶屋)・キリルロフ家
© Sputnik / Mihail Mokrushin
カフカース国立自然生物圏保護区

ロシアを訪れたことはありますか?もしかしたら、今後訪れる予定ですか?ロシア全土から厳選した、最も美しく絵になる観光地をご紹介します。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ワイナピチュ、ペルー
    アップデート: 2018年10月15日 23:02
    2018年10月15日 23:02

    皆さんだったら危険を冒しますか?最も「恐ろしい」観光ルート

    壮大な景色を堪能できる観光地だけでなく、「危険」を感じることのできる観光地が人々をひきつけることもよくある。皆さんは、断崖絶壁に釘で打ちつけられた木の歩道の上を歩く覚悟はありますか?また迷路を散歩したり、火山に登ったりするのはどうですか?

    7
  • 岩場に横たわるアザラシ。ウェールズ
    アップデート: 2018年10月12日 19:35
    2018年10月12日 19:35

    今週のベストショット 10月6日-10月12日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    16
  • 人の気配が絶えた築地市場
    アップデート: 2018年10月11日 17:33
    2018年10月11日 17:33

    閉鎖後の築地市場 人の気配が絶えた店の数々

    築地にあった日本最大の水産物市場が11日、新たな所在地である豊洲で開場した。同じ日、既に閉鎖された築地市場の門の近くに、市場の移転に反対する人々が集まった。抗議する人々は警備を突破することに成功し、中に入ることができた。スプートニクもまた、既に買い物客や販売業者の入場が許可されていない、人の気配がなくなった築地市場に滞在することに成功、ユニークな写真を複数撮影することができた。

    10
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
    アップデート: 2018年10月10日 20:53
    2018年10月10日 20:53

    海上自衛隊のヘリ空母「かが」で勤務する女性たち

    日本の海上自衛隊史上最大の艦艇「かが」では、男性だけでなく女性も勤務している。なお現時点で全乗組員に占める女性の割合はわずか9%。女性乗組員たちの「かが」での生活の様子を、通信社スプートニクのフォトアルバムでご覧ください。

    12