02:17 2018年10月18日
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃の抗議行動参加者の胸にとめられたバッジ
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
  • シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで
© Sputnik / Jeenah Moon
シリア爆撃への抗議行動参加者たち、ニューヨークで

週末、米英仏によるシリア爆撃に反対し、米国の社会団体「国際統一反戦連合」(United National Antiwar Coalition、本部はニューヨーク)は全米数か所で抗議行動を行った。団体の呼びかけに応じ、主義主張に賛同する市民が街頭に繰り出した。抗議行動参加市民らは、いかなる行為に対しても戦争と爆撃は正しい回答はなりえないと主張している。

4月14日、米英仏は、シリア政府が化学兵器製造に用いていると断定した施設に対し、ミサイル攻撃を行った。

タグ
抗議, 写真, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「Wildlife Photographer of the Year 2018」最優秀作品。Marsel van Oosten氏撮影
    アップデート: 2018年10月17日 21:50
    2018年10月17日 21:50

    自然写真コンテストの受賞写真、発表

    英ロンドン自然史博物館主催の自然写真コンテスト「Wildlife Photographer of the Year 2018」は17日、結果を発表した。大賞はオランダの有名な写真家、 Marsel van Ooste氏が中国で撮影した、2匹の考え込むような写真が獲得した。

    14
  • ワイナピチュ、ペルー
    アップデート: 2018年10月15日 23:02
    2018年10月15日 23:02

    皆さんだったら危険を冒しますか?最も「恐ろしい」観光ルート

    壮大な景色を堪能できる観光地だけでなく、「危険」を感じることのできる観光地が人々をひきつけることもよくある。皆さんは、断崖絶壁に釘で打ちつけられた木の歩道の上を歩く覚悟はありますか?また迷路を散歩したり、火山に登ったりするのはどうですか?

    7
  • 岩場に横たわるアザラシ。ウェールズ
    アップデート: 2018年10月12日 19:35
    2018年10月12日 19:35

    今週のベストショット 10月6日-10月12日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    16
  • 人の気配が絶えた築地市場
    アップデート: 2018年10月11日 17:33
    2018年10月11日 17:33

    閉鎖後の築地市場 人の気配が絶えた店の数々

    築地にあった日本最大の水産物市場が11日、新たな所在地である豊洲で開場した。同じ日、既に閉鎖された築地市場の門の近くに、市場の移転に反対する人々が集まった。抗議する人々は警備を突破することに成功し、中に入ることができた。スプートニクもまた、既に買い物客や販売業者の入場が許可されていない、人の気配がなくなった築地市場に滞在することに成功、ユニークな写真を複数撮影することができた。

    10