21:55 2019年01月18日
  • 中朝国境の中国側から、双眼鏡を通して撮影された女性たち
  • 中朝国境で北朝鮮領を観察する観光客たち
  • 中国との国境近くの北朝鮮領で自転車に乗る男性
  • 中朝国境の鴨緑江に架かる閉鎖された橋
  • 北朝鮮領の地元住民と軍人
  • 鴨緑江で魚を獲る北朝鮮の漁師
  • 恵山市の家々の間を歩く北朝鮮の女性
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
  • 国境の中国側から撮影された北朝鮮の警備塔
  • 中国側から撮影された北朝鮮の国境警備隊員
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
  • 国境の中国側から出発する遊覧船に乗る観光客たち
  • 国境の中国側から撮影された北朝鮮の人々
  • 北朝鮮を背景に写真撮影をする観光客たち
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
© REUTERS / Damir Sagolj
中朝国境の中国側から、双眼鏡を通して撮影された女性たち

朝鮮半島における関係が改善し始めている現在でも、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は閉ざされた国のままだ。もちろん、このことは関心をかきたて、この国が内側からはどのように見えるのかを知りたいと多くの人が思っている。写真家のダミール・サゴルジ氏は、珍しい方法で北朝鮮の人々の生活を描写しようと決めた。サゴルジ氏は、北朝鮮と国境を接する中国の図們市に向かい、双眼鏡を通してこの国を「盗み見た」。

サゴルジ氏は最初から最後まで、図們市の北朝鮮領との国境全体に沿って移動した。その途上で、雪と氷に覆われた野原や、小さくて貧しい家々、そして非常に稀に、人々にも遭遇した。

例えば、双眼鏡を覗いたサゴルジ氏は、流れの止まった川で何かをしている奇妙な服装の北朝鮮の人々を見た。地元の中国人は、北朝鮮の人々が恐らく、鴨緑江で金を探しているのだと説明した。

タグ
写真, 北朝鮮, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スペインで毎年恒例のフェスティバルで、馬と騎手が炎を駆け抜ける
    アップデート: 2019年01月18日 18:54
    2019年01月18日 18:54

    今週のベストショット 1月12日-1月18日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ステージ6を走るバイカー
    アップデート: 2019年01月17日 22:07
    2019年01月17日 22:07

    あたり一面が砂の時 ペルーで「ダカール・ラリー」開催中

    6日、ペルーで17日までの日程で砂の中のレース「ダカール・ラリー2019」が開幕した。レースは初めて1国の領内だけで行われる。レーサーはリマからスタートし、同市でゴールを決める。

    12
  • Винторогий козел в Московском зоопарке получил в виде угощения нераспроданные новогодние ели
    アップデート: 2019年01月16日 21:57
    2019年01月16日 21:57

    ロシアでは新年の後、ツリーがどこへ消えるのか?

    ロシア全土の数多くの人々は毎年、新年を前に自宅をヨールカ(新年のツリー)で飾る。新年を祝うヨールカは、専門の市場で買うことができる。では、売れ残ったヨールカについては、いったいどうするのだろうか?実は、動物園で暮らす動物たちにプレゼントされるのだ!

    10
  • 東京、永楽寿司の店 福綱正敏さんが接客をしている
    アップデート: 2019年01月15日 16:12
    2019年01月15日 16:12

    東京のはずれにある最後の家族経営のお寿司やさん

    すし屋「永楽」は東京の喧騒からは一歩外れた場所にある。観光マップにも書いていない。狭い路地をぬって見つけるのも簡単ではない。店主の福綱正敏さんと妻みつ江さんが二人きりで切り盛りをしている、最後の家族経営のすし屋だ。

    12