23:03 2019年06月16日
  • 中朝国境の中国側から、双眼鏡を通して撮影された女性たち
  • 中朝国境で北朝鮮領を観察する観光客たち
  • 中国との国境近くの北朝鮮領で自転車に乗る男性
  • 中朝国境の鴨緑江に架かる閉鎖された橋
  • 北朝鮮領の地元住民と軍人
  • 鴨緑江で魚を獲る北朝鮮の漁師
  • 恵山市の家々の間を歩く北朝鮮の女性
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
  • 国境の中国側から撮影された北朝鮮の警備塔
  • 中国側から撮影された北朝鮮の国境警備隊員
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
  • 国境の中国側から出発する遊覧船に乗る観光客たち
  • 国境の中国側から撮影された北朝鮮の人々
  • 北朝鮮を背景に写真撮影をする観光客たち
  • 国境の中国側から、凍った鴨緑江で撮影された北朝鮮の人々
© REUTERS / Damir Sagolj
中朝国境の中国側から、双眼鏡を通して撮影された女性たち

朝鮮半島における関係が改善し始めている現在でも、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は閉ざされた国のままだ。もちろん、このことは関心をかきたて、この国が内側からはどのように見えるのかを知りたいと多くの人が思っている。写真家のダミール・サゴルジ氏は、珍しい方法で北朝鮮の人々の生活を描写しようと決めた。サゴルジ氏は、北朝鮮と国境を接する中国の図們市に向かい、双眼鏡を通してこの国を「盗み見た」。

サゴルジ氏は最初から最後まで、図們市の北朝鮮領との国境全体に沿って移動した。その途上で、雪と氷に覆われた野原や、小さくて貧しい家々、そして非常に稀に、人々にも遭遇した。

例えば、双眼鏡を覗いたサゴルジ氏は、流れの止まった川で何かをしている奇妙な服装の北朝鮮の人々を見た。地元の中国人は、北朝鮮の人々が恐らく、鴨緑江で金を探しているのだと説明した。

タグ
写真, 北朝鮮, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19
  • Weimin Chu氏による写真「グリーンランドの冬」。「National Geographic Travel Photo 2019」コンテストグランプリ作
    アップデート: 2019年06月15日 09:03
    2019年06月15日 09:03

    ドリームキャッチャー、黄昏のイルカ ナショナル・ジオグラフィック旅行写真コンテストの入賞作品

    ナショナル・ジオグラフィック誌は、毎年実施する旅行がテーマの国際写真コンテストの入賞作品を発表した。

    14
  • 月を背景に飛行するエアバスA320型旅客機
    アップデート: 2019年06月14日 21:30
    2019年06月14日 21:30

    今週のベストショット 6月8日-6月14日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
    アップデート: 2019年06月13日 23:55
    2019年06月13日 23:55

    活気づくチェルノブイリ 立入禁止区域が人気観光地に

    野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

    18