20:12 2019年03月25日
  • 四川大地震時に破壊された学校の敷地に立つ彫像
  • 四川大地震で被災した北川県の町。2008年と2018年
  • 四川大地震で被災した北川県の町。2008年と2018年
  • 四川大地震時の損害の写真(上)と10年後の写真(下)
  • 2008年の四川大地震時の犠牲者らの肖像が刻まれた追悼のプレートを見る少女
  • 四川大地震時の損害の写真(上)と10年後の写真(下)
  • 2008年の地震時に瓦礫の下で生徒らが亡くなった学校の建物近くで祈る女性
  • 破壊的な地震の直後、大きな丸い石の下に埋没した北川県の中学校の廃墟(上)と10年後(下)
  • 地震の結果破壊された、北川県の職業訓練センターの廃墟
  • 北川県の町にある放棄された建物の窓から中に見える結婚写真
  • 地震の犠牲者らの記念碑の前で悲しみに暮れる、2008年の四川省での地震を体験した車椅子の男性
© REUTERS / Jason Lee
四川大地震時に破壊された学校の敷地に立つ彫像

2008年5月12日、中国の四川省で恐ろしい規模の地震が発生した。公式統計によれば、10年前の5月の地震の結果、8万7150人が死亡、または行方不明となり、37万4千人が負傷、数百万人が家を失った。

この地震は、地震活動の活発な龍門山断層で発生した。この地震は恐らく、科学技術がもたらした結果だ。というのも、地震を誘発したのは震源地から5.5キロの距離にある人工の貯水池の水圧だったと考えられているからだ。

 

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る