08:47 2018年10月24日
  • コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊
  • 仏艦隊の甲板に引き揚げられたP-47 の機体の破片
  • 海底に横たわるP-47の破片
  • コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊
  • P-47機とポンプをつけた仏人ダイバー
  • コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊
  • コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊
  • 仏艦隊の甲板に引き揚げられたP-47 の機体の破片
  • 海底に横たわるP-47の破片
  • コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊
  • 仏の船FSプルトンM622 コルシカ島の沿岸部で
  • 海底に横たわるP-47の破片
© AFP 2018 / Boris Horvat
コルシカ島付近に沈んだ米P-47機の上を仏軍事ダイバーが回遊

7月2日、仏の2人の軍事ダイバーがコルシカ島付近で潜水。目的は第2次大戦中の1944年、この海域で大破し、沈んだ米戦闘機P-47(サンダーボルト)を探すことだった。

米国戦争捕虜及び戦争行方不明者遺骨収集司令部(DPAA)は仏艦隊の支援を得て、第2次大戦で行方不明となった米国人パイロットの遺骨収集作業を行っている。兵士の身元確認にはDNA鑑定と重要な捜査資料収集が決めてとなる。

タグ
写真, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る