13:41 2018年08月18日
  • ヒトデ 「Echinaster sepositus」
  • サンゴ 「Isidella elongat」
  • ヤドカリ 「Dardanus calidus」
  • 伊エオリア諸島の海底を撮影する写真家
  • サンゴ「Red gorgonia 」
  • オキクラゲとプラスチックごみ
  • 「Condylactis aurantiaca」
  • カイアシ類
  • 軟体動物ウミウシのディテール
  • ジャコウタコ「Eledone moschata」
  • ハナミノカサゴを撮影するダイバー
  • フサカサゴ「Slender rockfish」
  • 海藻「Acetabularia」
  • ケヤリムシ科「Sabella spallanzanii」
  • 「Eunicella cavolini」
  • ホウライエソ 「Chauliodus sloani」
  • サンゴ「Leptopsammia pruvoti」
  • ウミウシ「Pleurobranchus testudinarius」
  • ベラ「Coris julis」
  • 伊ストロンボリ島の火山を眺める船乗り
ヒトデ 「Echinaster sepositus」

イタリアのシチリア島の北にあるエオリア諸島の海底が調査された結果、今までに知られていない多くの種類のサンゴと鮮やかなサンゴの森が発見された。こうしたサンゴは1キロ以上の深さに潜水しないと見ることできない。

このサンゴの森の発見で、エオリア諸島に新たな自然保護区が誕生しそうだ。

タグ
写真, 発見, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る